sanitation

衛生管理ガイド

見てみて読んでみて知っておく情報

身だしなみ

食品を取り扱う私たちは、毛髪など異物混入防止や服装からの食品汚染を防止するため、清潔で作業に適した「身だしなみ」で、作業に従事する必要があります。

着衣を整える前に

  • 爪は短く切り、マニキュアはしません
  • 時計・イヤリング・ピアス・ブレスレット・ネックレスなどの装飾品ははずします

身だしなみのポイント

白衣と靴

  • 調理専用で毎日清潔に保ちます。
  • 白衣のホツレやボタンが落ちそうなものは事前に修理します。
  • 調理用の白衣・靴での外出は避けます。
    特にトイレにはそのまま入らないようにします。
  • 調理に携わらない人であっても、調理室に立ち入る場合は同じように身だしなみを整えます。

帽子

  • 髪は帽子にしっかり入れます。

マスク

マスクには、くしゃみをした際に細菌やウイルスなどの微生物の飛散を防ぐほか、手指で鼻や口に触れるのを予防する効果があります。

  • 鼻や口をしっかり覆います。

手袋

食中毒(特にノロウイルス)の原因の多くは最終段階の盛りつけ時に汚染してしまうことによるものです。

  • 手洗いをしてから手袋を着用します。
  • 盛りつけ作業時は手袋を着用します。
  • 作業の変わり目には手袋を交換します。
  • 手袋が破損した場合には、手袋を交換するとともに、破損片が食品に混入していないか確認しましょう。