新型コロナウイルスについて

感染リスクが高まる「5つの場面」
令和2年10月23日 新型コロナウイルス感染症対策分科会から政府への提言より

新型コロナウイルス感染症の伝播は、主にクラスターを介して拡大することから、今冬に備えるためにはクラスター連鎖をしっかり抑えることが必須と考えられています。 新型コロナウイルス感染症対策分科会で、これまでに発生したクラスターが分析され、感染リスクを高めやすい「5つの場面」が提示されました。

  • 【場面1】

    飲酒を伴う懇親会等

  • 【場面2】

    大人数や長時間におよぶ飲食

  • 【場面3】

    マスクなしでの会話

  • 【場面4】

    狭い空間での共同生活

  • 【場面5】

    居場所の切り替わり

詳しくは「新型コロナウイルス感染症対策分科会から政府への提言 令和2年10月23日」をご参照ください。

また、飲酒の場面も含めて、すべての場面でこれからも引き続き守るべきこととして、以下の対策が求められています。

  • 基本はマスク着用や三密回避。室内では換気よく。

  • 集まりは、少人数・短時間に。

  • 大声を出さず会話はできるだけ静かに。

  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒の徹底を。

なお、多くのクラスターが発生している「会食」について、飲食店等が注意すべき点については、食品取扱者向け情報ページに掲載しています。

新型コロナウイルスに関する情報

専門家コラム

啓発ツール(無料ダウンロード)

ポスター

感染対策POP、ポスター

※ダウンロードには会員登録が必要です。