手洗いの目的

なぜ、手を洗うの?
家庭での日常手洗いと何がちがうの?

外から一時的についた
病原微生物は洗い流せる!

食材や環境から手指に付着した病原性の微生物は、一時的に付着しているだけなので、適切な方法で手洗いを行うことで、洗い流すことができます。ノロウイルスも適切な手洗いによって、手指から取り除くことができます。

ここでは適切な手洗い方法という点がポイントになります。自己流の手洗い、面倒だからと手順を省略する手洗いでは、病原性の微生物を残してしまう可能性があるのです。


サラヤ㈱ バイオケミカル研究所調べ

このグラフは、手洗い方法を定めるか否かによって洗浄効果に違いがあるのか?を調べた実験データです。それぞれに自由な方法で洗った場合と、定められたマニュアル手順に従って洗った場合とでの洗浄率をATP拭き取り検査で調べたものです。

任意の方法では洗浄率にばらつきがあり十分に洗えている人がいる一方で、手洗いが不十分な人も存在することがわかります。それに対し、規定された方法で手を洗うとほとんどの人が100%近い洗浄率を得ることができました。

効果が得られる規定の方法での手洗いを実践しましょう。

Do you know?

手洗いの種類

『手洗い』には目的によって大きく3種類が存在します

  • 日常手洗い

    家庭などで行う手洗いですので、見た目の汚れと外からついた微生物もある程度落とすことが目的です。

  • 衛生的手洗い

    食品衛生に携わる方が食中毒を予防することを目的に行うため、外からついた微生物をすべて取り除くことが目的です。

  • 手術時手洗い

    無菌操作が求められるため、外からついた微生物はもちろんのこと、皮膚に常在する菌まで取り除くことが目的です。

衛生的手洗い

衛生的手洗いの方法とタイミング