業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Loading

Home > 感染と予防Web > うがいで防げること

ページトップ

感染と予防

うがい

うがいで防げること

生体防御機能とうがいの効用

うがいは、繊毛運動のようなのど本来が持つ防御機能を高めるとともに、物理的な洗浄効果や、さらにうがい薬を使えば殺菌効果によって口腔やのどを清潔にします。その結果、のどの粘膜の機能が回復して活性化され、「口腔」を介する感染の予防や口臭の抑制が期待できます。 具体的なうがいの効用としては、以下のようなものがあげられます。

  • 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする
  • のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ
  • ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す
  • 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする
  • のどや口腔を消毒する
  • セキを抑え、タンを除去します。のどの痛みを抑える
  • 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ
  • 口腔内を殺菌・消毒し、虫歯を予防する
  • さわやかな後味が、口腔内に清涼感を与え、口臭を抑える
  • かぜの予防効果が実証されている

※うがい薬使用時

安静時でも、呼吸によって気道は1日当たり 20,000 L もの空気を肺胞へ送り込んでいます。清浄空気を基準にしても、1日当たり 1~2×105 個までの細菌(約 8,500 細菌/m3空気)と、100 mg までのほこりが呼吸と同時に吸い込まれることになります。このため、空気の入口、通り道である鼻や口、気道粘膜は、種々のサイズと組成をもった空気中の物質に対抗するための防御機能をもっています。

ウイルスなどの異物

ノンエンベロープウイルスとは

鼻には、空気を浄化するエアコンディショナーとしての働きがあります。異物を吸着した粘液は、粘膜表面にある繊毛細胞によって、ベルトコンベヤーのように少しずつ鼻から咽頭へ送り出され、無意識のうちに食道へ飲み込まれたり、せき払いのときに外に吐き出されたりします。
のどの粘膜にも同じような繊毛があり、1 分間に約 1,000 回振動する繊毛運動で粘液を外へ送り出すことで、のどから入ったウイルスなどの異物を排除しています。
しかし、気温が低く空気が乾燥すると、粘膜の表面が傷つき、繊毛運動が弱くなったり、止まったりして、ウイルスが侵入しやすくなります。

風邪のウイルスは、鼻やのど、気管の繊毛細胞に感染でき、そこで増殖しながら、細胞を破壊して外へ飛び出し、近くの細胞にまた感染します。破壊された繊毛細胞は、繊毛が抜け落ちます。このため、繊毛による防御機能はさらに低下し、空気と一緒に吸い込まれた毒素の強い細菌を外へ追い出す力も弱まってしまい、二次感染が起こりやすくなります。

PICK UP

内閣官房のガイドラインにおける「うがい」①

文献タイトル新型インフルエンザ対策ガイドライン

新型インフルエンザ等に関する関係省庁対策会議, 平成25年6月26日
(平成28年3月25日 一部改定)

まん延防止に関するガイドライン

個人対策並びに地域対策及び職場対策

① 国及び都道府県は、通常、季節性インフルエンザ対策として実施されている以下のような個人対策並びに地域対策及び職場対策を、より強化して実施する。
国民、事業者に対し、発生した新型インフルエンザ等の病原体分析の結果、リスク評価、症例分析結果など、国民等が必要性を十分理解した上、で適切な行動をとり得るよう、適時適切な情報の提供を行う。

  • a.国民に対し、マスク着用・咳エチケット・手洗い・うがい、人混みを避けること等の基本的な感染対策等を勧奨する。
  • b.事業所には、マスク着用・咳エチケット・手洗い・うがい、人混みを作る事業活動を避ける、時差出勤の実施等の基本的な感染対策等を勧奨する。また、職場における健康管理を徹底し、当該感染症の症状が認められた従業員の受診を勧奨するなど、職場における感染対策の徹底を要請する。

事業者・職場における新型インフルエンザ等対策ガイドライン

発生時における感染対策

ア)一般的な留意事項

従業員に対し、以下の点について注意喚起を行う。

  1. ①38度以上の発熱、咳、全身倦怠感等の症状があれば出社しないこと。
  2. ②マスク着用・咳エチケット・手洗い・うがい等の基本的な感染対策等を行うこと
  3. ③外出する場合は公共交通機関のラッシュの時間帯を避けるなど、人混みに近づかないこと。
  4. ④症状のある人(咳やくしゃみなど)には極力近づかないこと。接触した場合、手洗いなどを行うこと。
  5. ⑤手で顔を触らないこと(接触感染を避けるため)。

業務を継続する際の感染対策の例

目的 区分 対策例
職場内での感染防止 飛沫感染、接触感染を物理的に防ぐ ・マスク着用、咳エチケット、手洗い、うがいの励行、職場の清掃・消毒

感染対策のうがいと口腔ケアのうがい

うがいには⼤きく分けて、上を向いて喉の奥を洗う「ガラガラうがい」と、⼝を閉じてほおをふくらませて⾏う「ブクブクうがい」があります。

感染対策のうがい

上を向いて喉の奥を洗う「ガラガラうがい」

  1. うがい液を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かし、「グチュグチュ」と行い、吐き出します。

  2. もう一度うがい液を口に含み、上を向いて、「オ〜」と発声してうがいをします。(声が震えはじめると、口蓋垂の奥へ届いている証拠です)

  3. 冷たいうがい液が口中で温かく感じてきたら、吐き出してください。

口腔ケアのうがい

「ブクブクうがい」を中心に行います

うがいをすると、⾷べ物のカスやたまった粘液などを洗い流されるので、⼝の中がさっぱりします。
近年は口腔内を清潔に保つ事で、肺炎予防への期待も高まっています。

※健康な人には簡単なうがいも、高齢者では誤嚥の危険があるため注意が必要です。

PICK UP

うがいと労働衛生

働く人々の安全と健康を確保するために、うがい設備の設置やうがいの励行が、以下の規則等で定められています。
労働災害を未然に防止することは事業者の責務ですが、従業員の皆さんも省令に守られるだけでなく、自ら安全衛生活動に取り組むことが重要です。うがい設備をうまく利用して、うがいを励行しましょう!

労働安全衛生規則第七章  清潔(洗浄設備等) 第六百二十五条
事業者は、身体又は被服を汚染するおそれのある業務に労働者を従事させるときは、洗眼、洗身若しくはうがいの設備、更衣設備又は洗たくのための設備を設けなければならない。
2 事業者は、前項の設備には、それぞれ必要な用具を備えなければならない。
鉛中毒予防規則第四章  管理 第四節 清潔の保持等(手洗い用溶液等) 第四十九条
事業者は、鉛業務に労働者を従事させるときは、硝酸水溶液その他の手洗い用溶液、つめブラシ、石けん及びうがい液を作業場ごとに備え、 作業終了後及び必要に応じ、当該労働者にこれらを使用させなければならない。
2 労働者は、鉛業務に従事したときは、作業終了後及び必要に応じ、前項の硝酸水溶液 その他の手洗い用溶液、つめブラシ、石けん及びうがい液を使用しなければならない。
タール・ピッチ障害予防対策の促進について
第1 障害予防対策 2 重点事項 (4)清潔の保持について
ハ コールタールを取り扱う作業場ごとに、つめブラシ、石けんおよびうがい液を備え、 作業終了後および必要に応じこれを使用させること。

その他の省令・通達でもうがい設備の設置やうがいの励行などが定められています。