sanitation

フードサニテーションパートナー会(FSP会)

講演会案内

「フードサニテーションパートナー会」
第51回・第52回講演のご案内

謹啓 貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 当会が今年で発足23年目を迎えることができましたのも、会員の皆様をはじめ多くの方々のご協力のお陰と感謝いたしております。
 平成30年6月「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布され、厚生労働省では改正法に関わる政省令の公布に向けての準備が進められているところであります。この改正項目の重要な一つである「HACCPに沿った衛生管理の制度化」のキーポイントについて、講演会を開催させていただくこととなりました。皆様奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

謹白
フードサニテーションパートナー会
会長 西尾 治

【講演テーマ】
近づくHACCP制度化と省力化へのアプローチ

第51回 大阪講演

コーディネーター
フードサニテーションパートナー会 理事
特定非営利活動法人食品保健科学情報交流協議会
運営委員長 北村 忠夫 氏

13:00 ~ 13:10 開会のあいさつ
13:10 ~ 14:40 【講演1】
政省令に向けて見えてきたHACCP制度化の具体的なフレームワーク

改正食品衛生法に基づき具体的な基準を定める政省令の公布に向けて厚生労働省が準備を進めています。HACCP制度化ばかりに関心が集まっていますが、改正7項目について正しく把握できていますか?今回は各取りまとめや政省令案で確定した事項から見える具体的な施行のフレームワークまで掘り下げて、いったい"なぜ" "何が" "どう"変わるのかについて、国内唯一のHACCP専門誌「月刊HACCP」を発行されているご視点からご講演いただきます。

月刊HACCP発行人
株式会社鶏卵肉情報センター
代表取締役社長 杉浦 嘉彦 氏

14:55 ~ 15:55 【講演2】
国内外で多店舗展開する外食企業のHACCP制度化対応について

外食事業者におけるHACCPの運用は、メニューの多さや頻繁な変更、パートやアルバイト、海外の方も含めた従業員教育等、課題が多く難しいと考えていませんか?丸亀製麺など国内外で展開する飲食店チェーンの食品安全関連業務をご担当されている現場目線において、外食事業者のためのHACCPの取り組みを手引書の活用も踏まえてご紹介いただきます。

株式会社トリドールホールディングス
品質保証部
部長 草野 篤 氏

15:55 ~ 16:15 【講演3】
HACCP制度化対応における省人化・省力化の提案

HACCPの運用に必要な温度管理等をより効率的におこない、省人化の実現に向けたシステム等をご紹介いたします。

サラヤ株式会社

16:20 ~ 16:40 質疑応答
16:50 ~ 18:00 情報交換会

受講者同士の情報交換・講師の先生方との交流の場として、立食形式の情報交換会を開催します。

~18:00 終了

開催日程・会場

  • 開催日 : 2019年9月3日(火)13:00~(12:30より受付開始)
  • 会 場 : 大阪御堂筋ビル M3 会議室 地図を見る
  • 参加費 : 1名様 3,000円(当日受付にて参加費を頂戴いたします。)
  • 定 員 : 100名(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。)
  • 主 催 : フードサニテーションパートナー会
  • 後 援 : サラヤ株式会社

第51回 大阪講演のお申し込みは終了致しました

【お申し込みに関するお問い合わせ】
東京サラヤ株式会社 マーケット支援室 (03-5461-8115)平沢・直井・小泉宛

第52回 東京講演

コーディネーター
フードサニテーションパートナー会 理事
特定非営利活動法人食品保健科学情報交流協議会
運営委員長 北村 忠夫 氏

13:00 ~ 13:10 開会のあいさつ
13:10 ~ 14:40 【講演1】
政省令に向けて見えてきたHACCP制度化の具体的なフレームワーク

改正食品衛生法に基づき具体的な基準を定める政省令の公布に向けて厚生労働省が準備を進めています。HACCP制度化ばかりに関心が集まっていますが、改正7項目について正しく把握できていますか?今回は各取りまとめや政省令案で確定した事項から見える具体的な施行のフレームワークまで掘り下げて、いったい"なぜ" "何が" "どう"変わるのかについて、国内唯一のHACCP専門誌「月刊HACCP」を発行されているご視点からご講演いただきます。

月刊HACCP発行人
株式会社鶏卵肉情報センター
代表取締役社長 杉浦 嘉彦 氏

14:55 ~ 15:55 【講演2】
国内外で多店舗展開する外食企業のHACCP制度化対応について

外食事業者におけるHACCPの運用は、メニューの多さや頻繁な変更、パートやアルバイト、海外の方も含めた従業員教育等、課題が多く難しいと考えていませんか?丸亀製麺など国内外で展開する飲食店チェーンの食品安全関連業務をご担当されている現場目線において、外食事業者のためのHACCPの取り組みを手引書の活用も踏まえてご紹介いただきます。

株式会社トリドールホールディングス
品質保証部
部長 草野 篤 氏

15:55 ~ 16:15 【講演3】
HACCP制度化対応における省人化・省力化の提案

HACCPの運用に必要な温度管理等をより効率的におこない、省人化の実現に向けたシステム等をご紹介いたします。

東京サラヤ株式会社

16:20 ~ 16:40 質疑応答
16:50 ~ 18:00 情報交換会

受講者同士の情報交換・講師の先生方との交流の場として、立食形式の情報交換会を開催します。

~18:00 終了

開催日程・会場

  • 開催日 : 2019年9月17日(火)13:00~(12:30より受付開始)
  • 会 場 : 東京ウィメンズプラザ ホール 地図を見る
  • 参加費 : 1名様 3,000円(当日受付にて参加費を頂戴いたします。)
  • 定 員 : 150名(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。)
  • 主 催 : フードサニテーションパートナー会
  • 後 援 : 東京サラヤ株式会社

第52回 東京講演のお申し込みは終了致しました

【お申し込みに関するお問い合わせ】
東京サラヤ株式会社 マーケット支援室 (03-5461-8115)平沢・直井・小泉宛