SARAYA 企業・法人向け

Home > sanitation > 衛生管理ガイド > 見てみて読んでみて知っておく情報 > アルコール製剤

sanitation

衛生管理ガイド

見てみて読んでみて知っておく情報

アルコール製剤

食品衛生の分野で広く活用されているアルコール製剤。特徴や効果を知って、より効果的に使用しましょう。

アルコール製剤とは

アルコール製剤は、エタノールを主成分とし、有機酸などの添加物を加えて作られた製剤です。エタノールの除菌効果がもっとも高い濃度は70%程度ですが、アルコール製剤は、その他の成分を配合することにより、濃度がやや低くても70%同等の除菌力が得られるように工夫して製造されています。

アルコール製剤とは

3つの利点

①安全性

食品衛生の分野で使用するアルコール製剤は食品用アルコールに添加物等を加えて作られます。また、アルコール製剤自体が「食品添加物」の許可を得ている製剤であればより安心してご利用いただけます。

揮発性が高く残留が少ない
無色透明で食品の風味への影響が少ない※

※添加する濃度、pHを適切に調整する必要があります。

②簡便性

使用後すすぎの必要がないため作業時間が短く、誰でも簡単に使用できます。

基本的な使い方
洗って、ふいて、除菌 洗って、ふいて、除菌
  • スプレーすることで広範囲を効率的に除菌できます。
  • スプレー後はすすぎや拭き取りは不要です。
  • 汚れや水分がない場合は、直接噴霧するか、清潔なフキンなどにアルコール製剤を含ませて拭きます。

③除菌力

アルコール製剤は幅広い微生物への対策として、品質保持・衛生維持に活用できます。

表は横にスクロールできます。

  エタノール
濃度
グラム
陰性菌
グラム
陽性菌
ノンエンベロープ
ウイルス
アルペットNV 50.0w/w%

○...検出限界以下を示す
サラヤ㈱バイオケミカル研究所調べ

注意すること

  • 濡れた状態のところにスプレーしない
    濃度が低下して期待する効果が得られなくなるため、対象物の汚れや水分がない状態にスプレーします。
  • 引火性があるため、火気に注意する
    加熱機器の近く等では使用しないでください。保管時も火気から遠ざけるようにします。
  • 揮発性のため、しっかりフタを締めて保管する
    保管時は容器のフタを解放せず密閉して保管してください。