sanitation

HACCP研修

HACCP研修について

農林水産省補助事業の概要

本年度からのHACCP研修事業は、農林水産省の方針により平成15年から平成30年度まで実施してまいりました「食品の品質管理対策強化対策事業」は、研修事業を積み重ねてきた実績から、終了しました。

平成31年度は、新たに、食品衛生法改正により優先的にHACCPの考え方を取り入れた衛生管理を普及するための事業「食品の品質・安全管理サポート事業」を展開させていただきます。

農林水産省補助事業の概要

HACCPとは

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略称で、危害要因分析に基づいて健康に悪影響をもたらす原因となる可能性のある食品中の物質または食品の状態の発生を防止または排除、もしくは許容できるレベルにまで低減するための工程(重要管理点)を決めて、その工程を重点的に管理するということです。これら一連の過程を体系付けた仕組みがHACCPシステムです。

HACCPシステム

HACCPの導入促進のために

農林漁業者を含む食品製造事業者に対して、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」を即戦力で普及させるために、新たにHACCPの手引書を踏まえ、指導・助言ができるHACCPのスペシャリストを養成するHACCP伝道師養成研修を開催します。

また、本年度からHACCPに取り組む事業者には、基礎研修およびHACCPに基づく衛生管理研修(HACCPプランを作成できる演習)を予定しております。

6次産業プランナーや、GAP指導者などのご経験のある皆様には、HACCP伝道師として、導入の支援にお役立てください。

HACCP研修について

HACCP研修について