SARAYA 企業・法人向け

Home > sanitation > FSP会 > 講演会案内

フードサニテーションパートナー会(FSP会)

講演会案内

「フードサニテーションパートナー会」
第49回・第50回講演のご案内

貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
当会も今年で発足22年目を迎えることができました。会員の皆様をはじめ多くの方々のご協力に感謝申し上げます。
2014年「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」にHACCP導入型基準が加わり、わが国でHACCP制度化に向けてスタートしてから、当会では4年連続でHACCPをテーマに講演会を開催して参りました。
この6月13日には、HACCP制度化も含めた「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布され、いよいよ制度化が始まる中、本年もHACCPをテーマに講演会を開催させていただくことになりました。HACCP先進国である海外の事例から学ぶべきことや、導入に際して欠かせない経営者の役割等、導入にあたってお役立ていただける内容となっておりますので、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

フードサニテーションパートナー会
会長 丸山 務

【講演テーマ】
HACCP制度化、すべての事業者が今キックオフ !

第49回 大阪講演

コーディネーター
フードサニテーションパートナー会 会長
公益社団法人日本食品衛生協会
学術顧問 丸山 務 氏

13:00 ~ 13:10 開会のあいさつ
13:10 ~ 14:40 【講演1】
HACCP先進国に学ぶ、導入のメリットと課題

HACCP制度化の背景や基本的な考え方を踏まえ、既にHACCP義務化が進んでいるEUや米国等の海外の国々から学べる導入のメリットやわが国における課題は何か、さらに、制度化の今後の方向性はどのようなことかをご講演いただきます。また、HACCPシステムが成功するか否かは経営者のコミットメントにかかっています。HACCP導入にあたって経営者の役割とはどのようなことかもお教えいただきます。

山口大学 共同獣医学部
教授 豊福 肇 氏

14:55 ~ 15:35 【講演2】
東南アジアの衛生管理の実際とHACCPへの取り組み

経済発展著しいと言われる東南アジア。各国が日本を有力市場と見ており輸出に力を入れています。一方で、東南アジアへの食品輸出や現地進出を考えている企業も多くいらっしゃることでしょう。両者に共通する課題は、食の安全の確保、安心の証明です。文化も宗教も異なるベトナム、マレーシアで、食品衛生インストラクターとして4年間の駐在経験に基づき、現地の衛生管理状況やHACCPへの取り組みをご紹介いたします。

Saraya Goodmaid Sdn.Bhd,GM-Food Sanitation Division.
チーフフードセーフティインストラクター
下平 大史 氏

15:40 ~ 16:00 質疑応答
16:00 ~ 16:30 エネルギー関連機器見学

大阪ガス様の最新の厨房機器をご見学いただけます。

16:30 ~ 17:30 情報交換会

受講者同士の情報交換・講師の先生方との交流の場として、立食形式の情報交換会を開催します。

~17:30 終了

開催日程・会場

  • 開催日 : 2018年9月3日(月)13:00~(12:30より受付開始)
  • 会 場 : 大阪ガスハグミュージアム 5F ハグホール 地図を見る
  • 参加費 : 1名様 3,000円(当日受付にて参加費を頂戴いたします。)
  • 定 員 : 200名(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。)

講演 大阪講演参加申込FAX用紙

【お申し込みに関するお問い合わせ】
東京サラヤ株式会社 マーケット支援室 (03-5461-8115)吉田・星野 宛

【FSP会についてのお問い合わせ】
サラヤ株式会社内 FSP 会事務局 (06-7657-2007)荒木・信吉 宛

第50回 東京講演

コーディネーター
フードサニテーションパートナー会 会長
公益社団法人日本食品衛生協会
学術顧問 丸山 務 氏

13:00 ~ 13:10 開会のあいさつ
13:10 ~ 14:40 【講演1】
HACCP先進国に学ぶ、導入のメリットと課題

HACCP制度化の背景や基本的な考え方を踏まえ、既にHACCP義務化が進んでいるEUや米国等の海外の国々から学べる導入のメリットやわが国における課題は何か、さらに、制度化の今後の方向性はどのようなことかをご講演いただきます。

山口大学 共同獣医学部
教授 豊福 肇 氏

14:55 ~ 15:35 【講演2】
HACCPを導入するために経営者に求められること

HACCPシステムが成功するか否かは経営者のコミットメントにかかっています。導入に際して、経営者の視点からメリットは何か、HACCPを 活用する目的は何か、導入の決め手は何かを、そして導入後はシステムを形骸化させないために、経営者の役割とはどのようなことかをご講演いただきます。

株式会社藤江
代表取締役社長 益子 純子 氏

15:35 ~ 15:55 【講演3】
HACCP導入へのサポート体制

HACCP導入に向けたサポートについて、実例を交えてご紹介いたします。

東京サラヤ株式会社
サニテーション事業本部 食品衛生サポート部
統括部長 砂川 晃一 氏

15:40 ~ 16:30 質疑応答
16:45 ~ 18:00 情報交換会

受講者同士の情報交換・講師の先生方との交流の場として、立食形式の情報交換会を開催します。

~18:00 終了

開催日程・会場

  • 開催日 : 2018年9月10日(月)13:00~(12:30より受付開始)
  • 会 場 : 東京ウィメンズプラザ ホール 地図を見る
  • 参加費 : 1名様 3,000円(当日受付にて参加費を頂戴いたします。)
  • 定 員 : 150名(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。)

講演 東京講演参加申込FAX用紙

【お申し込みに関するお問い合わせ】
東京サラヤ株式会社 マーケット支援室 (03-5461-8115)吉田・星野 宛

【FSP会についてのお問い合わせ】
東京サラヤ株式会社内 FSP 会事務局 (03-5770-9811)秋山 宛