sanitation

衛生管理ガイド

見てみて読んでみて知っておく情報

食品取扱者向けの新型コロナウイルスに関する情報

新型コロナウイルス感染症の感染者が増加し、感染対策の情報が行政等から多々公開されています。その中から、特に食品を取り扱うわたしたちが知っておくべき情報をまとめます。

※新しい情報はページの下に追加していきます。

厚生労働省・新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)より「食品等取扱い事業者の方へ」
(令和2年3月11日)

※詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。2020年2月21日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。 製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。WHOは、一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には、交差汚染予防のために注意すること、としています。

厚生労働省・新型コロナウイルス感染症の発生に伴う 消毒用エタノールの取扱いについて(情報提供)
(令和2年3月11日)

※詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

イベント又は施設等の訪問者や職員等に使用させることを目的とした取り扱いについて、以下のように連絡されています。

  • 消毒用エタノールを他の容器へ詰め替え、使用させることは差し支えない
  • 他の容器に詰め替えた消毒用エタノールについて、来訪者等への販売・授与等は行わない
  • 当該事業者等の責任の下において、容器の清浄度に配慮するなど、衛生的な管理に努める

厚生労働省・食品等事業者によるマスクの着用及び手指の消毒について
(令和2年3月25日)

※詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

マスク及び消毒用アルコールが不足している状況であることを踏まえ、食品等事業者のマスクの着用及び手指等の消毒については、食品衛生上の危害の発生防止に十分留意しつつ、下記の事項を周知するよう通知がありました。

  • 食品衛生上のリスクの高い作業に従事する者がマスクを着用していれば差し支えない
  • 布マスク等くしゃみ又は咳の飛沫を防ぐ目的を達成できる機能を有するものを使い捨てのマスクの代替として差し支えない
  • 手指の消毒が必要なのは、用便後、生鮮の原材料や加熱前の原材料を取り扱う作業を終えた後等食品衛生上の危害の発生を防止するために必要な場合である
  • 施設設備及び機械器具の消毒においても、次亜塩素酸ナトリウム (0.05%以上)、熱湯蒸気等により消毒を行うことが可能である

農林水産省・新型コロナウイルス感染症で影響を受ける食品事業者の皆様へ

※詳しくは農林水産省ホームページをご確認ください。

食品等事業者への各種支援、食品表示基準の弾力的運用などの情報がまとめられています。

スーパーなど小売店舗における感染拡大防止のための取組事例

※詳しくはホームページをご確認ください。

 

食料品などの生活必需品を販売するスーパーやコンビニにおいては、営業を継続しており、各店舗において感染対策のための様々な取組が広がりつつあります。
 経済産業省、農林水産省、消費者庁と公益財団法人流通経済研究所が連携し、店舗における感染拡大防止のための取組の好事例を収集し、発信するため、Webサイトを開設がされました。

飲食店における持ち帰り・宅配食品の衛生管理等について

※詳しくはホームページをご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、飲食店が、新たに持ち帰り(テイクアウト)や宅配(出前)等のサ ービスを開始する事例が増えている状況が見受けられ、また、これからの季節の気温や湿度の上昇により食中毒のリスクがさらに高まることから、下記の事項を周知するよう通知がありました。

  • 持ち帰りや宅配等に適したメニューを選定すること(鮮魚介類等の生ものの提供は避けるなど)
  • 施設設備の規模に応じた提供食数とすること
  • 加熱が必要な食品は、中心部まで十分に加熱すること
  • 調理済みの食品は、食中毒菌の発育至適温度帯(約20℃~50℃)に置かれる時間が極力短くなるよう、適切な温度管理(10℃以下又は65℃以上での保存)を行うこと
    (例)小分けによる速やかな放冷、持ち帰り時の保冷剤の使用、保冷・保温ボックスによる配達など
  • 消費者に対して速やかに喫食するよう口頭やシールの貼付等により情報提供すること

農林水産省・食品産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン
(令和2年5月8日までの知見に基づいて更新)

※詳しくは農林水産省ホームページをご確認ください。

食品製造業、食品流通業(卸売、小売)、外食産業の食品を取り扱う事業所の従業員 に新型コロナウイルス感染症の患者が発生した時、業務継続を図る際の基本的なポイント

1.新型コロナウイルス感染症の予防対策の徹底

従業員に感染予防策を要請する

  1. 体温の測定と記録
  2. 発熱等症状がある場合は所属長への連絡と自宅待機 を徹底
  3. ③ 比較的軽い風邪症状た4日以上続く場合は、所属長に連絡のうえ保健所に問い合わせ

業態に応じた感染予防策を行う

マスクを着用する、人との間隔は適切な距離を確保するよう努めるなど業態に応じた感染予防策を行う。

例)

  • スーパーマーケット等:体調すぐれない方への来店自粛願い、「三つの密」を避けるための入店入替制やレジ待ちの距離確保のための誘導等
  • 飲食店等:換気、人と人との間隔を適切にとる等

従業員から診断結果等の報告を速やかに受ける体制を構築する

手洗い等の感染予防策を徹底する

  1. 出勤時、トイレ使用後、売場・厨房・製造加工施設への入場時には手洗い、手指消毒
  2. マスク着用、咳エチケットを徹底
  3. ③ 通常の清掃に加え、水と洗剤を用いて人がよく振れるところを拭き取り清掃手すり、テーブル、いす、エレベーターの押しボタン、トイレの流水レバー、便座等)

2.新型コロナウイルス感染症患者発生時の患者、濃厚接触者への対応

患者が確認された場合は、保健所に報告し、対応について指導を受けるとともに、従業員に周知する。濃厚接触者についての保健所の調査に協力し、指示に従う。

3.施設設備等の消毒の実施

保健所の指示に従って、感染者が勤務した区域を消毒する

売場、厨房、製造加工施設、倉庫(冷凍庫・冷蔵庫含む)、執務室等

緊急を要し自ら行う場合は、頻繁に手指が触れる箇所を中心に消毒する

場所:机、ドアノブ、スイッチ類、手すり等
消毒剤:エタノール又はイソプロパノール(70%)(入手できない場合は60%台エタノール)、又は次亜塩素酸ナトリウム(0.05%以上)で拭取り

一般的な衛生管理が実施されていれば、感染者が発生した施設等は操業停止や食品廃棄などの対応をとる必要はない

4.業務の継続

事業所は、濃厚接触者の出勤停止の措置を講じることにより、業務の継続が困難な場合には、重要業務継続のため在宅勤務体系・情報共有体制・人員融通体制を整備するとともに、重要業務継続のための業務マニュアルを作成する

小規模な事業所が業務全体を休止する場合には、他の事業所や所属する組合、協会等に相談し、顧客への供給の確保に努める

【業種別ガイドライン】

関係団体等が自主的な感染防止の取組を進めるために作成した業種別ガイドラインが公開されています。

※詳しくは 農林水産省ホームページをご確認ください。