手指衛生

感染対策の基本は手指衛生

人が罹患する要因の多くは、手に付着した病原微生物(細菌・ウイルス等)が物品に付着し、そこからまた手を介して鼻や口、目から体内に入ることです。多くの病原微生物は、電車のつり革・手すり・エレベーターボタン・ドアノブ等を介して手から手へと拡がり、それが感染拡大のきっかけとなります。
つまり、日常の衛生対策として手指衛生(手洗い、手指消毒)を心がけることで、自分自身を病原微生物から守り、また感染症の拡大を防止することにもつながります。

手指衛生の種類を知ろう!

感染対策の基本である手指衛生は、手に付着した病原微生物を除去(数を減らす)し、感染リスクを減少させるために行います。手洗いで物理的に洗い流す、手指消毒剤を活用するなど、こまめに手指衛生を行うことが望まれます。
一般的に手洗いは、目的に応じて「日常手洗い」「衛生的手洗い」「手術時手洗い」の3つに分類されます。ここでは、日常手洗いと衛生的手洗いの2つの方法をご紹介します。また、アルコール手指消毒剤による方法も活用しましょう。

日常手洗い

食事の前やトイレの後など日常的な行動に伴った手洗い法。
石けんと流水を使用して汚れや有機物及び通過菌の一部を除去します。

  1. しっかりと石けん液を泡立てること。泡立てることで、手全体や手のしわなどに石けん液がいきわたります。

  2. 正しく手洗いするためには30秒かかります。30秒の手洗いを身につけるために、砂時計やタイマーを置いて実施してみる方法もあります。30秒の手洗いを実感してみてください。

2度手洗い

2回手洗いを実施することで、ウイルスの除去効果があるというデータもあります。特に冬場のウイルス流行時のトイレの後は2回手洗いの実施をお勧めします。

手洗いが不十分になりやすい部位

親指や指先、指の間などは手指衛生が不十分になりやすいと報告されています。
手を漠然と洗うのではなく、指の間、手首、爪の間などを含め、ていねいにこすり洗う手洗いの手順を覚えてスタッフ全員に指導しましょう。

衛生的手洗い

すべての通過菌を除去あるいは殺菌を目的としたもの。食品を取り扱う仕事や、医療、福祉に関係する仕事をする人に必要な手洗い方法で、洗って、ふいて、消毒まで行い、感染予防や食中毒予防のために、通過菌をすべて除去することを目的としています。

石けん液による日常の手洗いでも、正しい手洗い方法を行えば衛生的手洗いレベルになりますが、実際はもっと短い時間しか行われておらず、見た目に汚れがないとどうしてもおろそかになりがちです。
アルコール手指消毒剤は、短時間で細菌からウイルスまで幅広い微生物に有効で、通過菌に対する効果が優れています。石けん液だけの手洗いでは落としきれずに残った微生物もアルコール消毒液により除去できます。

アルコール手指消毒剤の活用

アルコールは手に付着した病原微生物を短時間で確実に減少させることができ、手洗い設備が不要でどこでも容易に手指消毒が実施できる、また保湿剤等の配合により手荒れの問題も改善されている等の理由から、実践的な感染対策としてアルコール手指消毒剤による手指消毒が高く評価されています。石けんと流水が使用できないときや、目に見える汚れがない場合等は、アルコール手指消毒剤を効果的に活用しましょう。

※CDC(アメリカ疾病予防管理センター)医療現場における手指衛生のためのガイドライン

動画で学ぼう!手指衛生

実際に行う「手洗い」「手指消毒」の手順をわかりやすく動画にまとめました。「見て・知って・実践」するためにご活用ください。

※手順はあくまで一例です

PICK UP

サラヤがお手伝いできるコトがあります

サラヤでは常時豊富な啓発ポスターを取り揃えております。なぜ手洗い・うがいが必要なのか、手洗い場、トイレ等、目につくところに掲示することで、衛生対策を促すことができます。

各種ポスター無料ダウンロード

(サポートサービスページに移ります)
※ダウンロードには会員登録が必要です。

動画で学ぶ感染対策