サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

口腔ケア

口腔ケアの基礎知識

口腔における疾病

虫歯

  1. 歯垢の付着しやすい部分は、歯頸部1/3部位、歯間部、一番おくの後ろ側です。

    1.むし歯はどこにできる?

    汚れが残りやすい部位は、以下の箇所です。

    • 歯のかみ合わせ
    • 歯と歯の間
    • 歯と歯肉の間
  2. 2.むし歯ができる4つの要因は何?

    むし歯は生活習慣病です。むし歯のが要因は、むし歯菌(ミュータンス菌など)、糖分の多い食べ物、むし歯になりやすい歯の質、時間の4つです。
  3. 3.むし歯はどうしてできる?

    1. 歯の表面に付着した歯垢には
      むし歯の原因となるミュータンス菌がいます。

    2. 口腔内に砂糖を含む食品が入ってくると、
      酸を作り砂糖を分解して歯垢の柱となるものを形成します。

    3. 歯垢は水に溶けず、粘着性があるので、
      ミュータンス菌が外部へ流出するのを防げます。

    4. 酸性度が増加して、歯のエナメル質を溶かし、
      むし歯を発生・進行させます。

歯周病

  1. 1.健康な歯肉と歯石のついた歯

    健康な歯肉は引き締まり、みかんの皮状のブツブツが見られ、澄んだピンク色をしています。歯周病の原因は歯垢の中にいる空気を嫌う細菌です。歯垢は長く放おっておくと歯石になり、歯垢はだんだん歯の根に近い、深いところに着くようになり、歯周病が進みます。

    2.歯周病の進行

    歯肉炎は歯肉が炎症をおこし赤く晴れた状態。歯肉のマッサージをすると治る。軽度の歯周病は歯磨きすると血が出る。ムズムズする。中等度の歯周病では物が噛みにくくなる。口臭がする。重度の歯周病は物が噛めない。口臭がきつくなり、歯がグラグラする。歯と歯肉の間から膿が出る。
  2. 3.歯周病の発生の要因は?

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症はカンジダ菌というカビの一種が原因で起こります。普段は害の無い菌ですが大きな病気をしたりして、体力がひどく落ちた時に感染します。感染した部分は、白い斑点ができたように見えます。義歯を入れている人は、義歯とこすれる部分に感染すると、治り難い口内炎ができることがあります。

口腔内の疾患と全身の疾患

歯・口腔の病気は全身に影響します。

口腔内の疾患と全身の疾患。全身は敗血症・頭痛・肩こり・内蔵の不調・栄養障害。呼吸器は誤嚥性の肺炎。消火器は胃炎・胃潰瘍・胃癌・栄養不足。循環器は心内膜炎・心筋炎・動脈硬化・梗塞。泌尿器は腎炎。代謝異常は糖尿病(歯周病を治療すると血糖値が下がる場合もある。