サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

伝染性膿痂疹 伝染性膿痂疹(とびひ)とは

病原体は、黄色ブドウ球菌、A群溶血性連鎖球菌です。潜伏期間は、2~10日ですが、長期の場合もあります。季節では、夏によくみられます。

主な症状

  • 水泡
  • 強い痒み

虫刺されなどでかき壊した傷やケガの傷に細菌が感染し、化膿します。化膿すると皮膚が赤くなり、水疱ができます。アトピー性皮膚炎がある場合には重症になることがあります。

感染経路

  • 接触感染

感染対策

十分な手洗いを実施します。また、子どもの爪は短くしておきましょう。
病巣を掻いた手指を介して菌が拡大してしまいます。炎症症状の強い場合や、化膿した部位が広い場合は、傷に直接さわらないようにします。
ジュクジュクした部位はガーゼで覆うなどし、他に接触しないようにします。滲出液が多い時期は、保育園などの登園を控えることが望ましいとされます。また、治癒するまではプールは控えます。

関連ページ