サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

伝染性軟属腫 伝染性軟属腫(水いぼ)とは

病原体は、伝染性軟属腫ウイルスです。潜伏期間は、2~7週間です。できたイボの中の白い内容物の中にウイルスが存在します。

主な症状

直径1~3mmの半球状の丘疹で、中心がへこんでいます。わきの下、わき腹、首、ひじ、ひざなどにできやすい特徴があります。
アトピー性皮膚炎等、皮膚に病変があると感染しやすくなります。

感染経路

  • 接触感染

感染対策

皮膚の接触や、タオルを介して感染するため、十分な手洗いを実施します。
プールや浴槽内の水を介して感染はしませんが、ビート板や浮き輪、タオル等の共用は避け、プールのあとは、シャワーで体をよく流します。また、病巣をかき壊さないように注意します。

関連ページ