サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

レジオネラ レジオネラとは

レジオネラ属菌は、1976年7月。ペンシルベニア州フィラデルフィアのホテルで開催された在郷軍人会(The Legion)において、参加者やホテル宿泊者221人が原因不明の肺炎で次々に倒れ、うち29人が死亡するという惨事が起こりました。米国の疾病管理センターが行なった原因調査によって、この肺炎はこれまで報告のなかった未知の細菌による集団肺炎であることが確認され、在郷軍人会(The Legion)にちなんでLegionella、肺を好むという意味からpneumophilaと命名されました。

日本で多くのマスコミが取り上げるようになったのは、1996年12月に家庭用の24時間風呂にこの菌が繁殖することがわかり、旧通産省が業界に改善を求めたのが最初のきっかけです。したがって、このレジオネラ属菌が発見されたのはかなり最近のことなのです。

レジオネラ属菌は、自然界の土壌(地表から深さ10cmまでと言われる)と淡水(川や湖)に生息するグラム陰性桿菌で、菌体の端に1本の鞭毛があり、運動性を持った細菌です。
レジオネラ属菌は、一般に20?50℃で繁殖し、特に36℃前後がより繁殖に適しているため、冷却塔や加湿器、温泉や風呂の浴槽など人工の環境においても条件によっては異常繁殖します。

主な症状

レジオネラ感染症は、レジオネラ属菌が原因で起こる感染症で、乳幼児や高齢者、病人など抵抗力が低下している人がかかりやすいレジオネラ肺炎とポンティアック熱という2つの病型に大別されます。

レジオネラ肺炎

  • 症状:高熱・咳・痰・頭痛・胸痛・筋肉痛・悪感・下痢・意識障害など
  • 肺の状態:肺炎・胸膜炎
  • 潜伏期間:2?12日
  • 発症率:1?7%

感染しても発病することは少ないですが、重症化した場合、多臓器不全を起こして発病後1週間以内で死亡するケースもあります。

ポンティアック熱

  • 症状:発熱・咳・頭痛・胸痛・筋肉痛・悪感・下痢・意識障害など
  • 肺の状態:胸膜炎
  • 潜伏期間:1?2日
  • 発症率:95%以上

発症しても多くの場合が自然に治る、自然治癒型です。

感染経路

レジオネラ感染症は、レジオネラ属菌を含んだ直径5μm以下のエアロゾル(霧状になった水)を吸入することにより感染します。レジオネラ属菌に汚染された循環式浴槽水、シャワー、噴水、洗車、野菜への噴霧水のエアロゾルの吸入、浴槽水で溺れて汚染水を呼吸器に吸込んだ時などに感染・発症した事例が報告されています。汚染水の直接接触で外傷が化膿し、皮膚膿瘍になったり、温泉の水を毎日飲んで発症した事例もあります。ただし、患者との接触によって感染したという報告はありませんので、患者を隔離する必要はありません。