サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

肝炎 感染対策

感染対策

A型肝炎ウイルス、E型肝炎ウイルス

感染経路(経口感染)からもわかるように次のような衛生管理を行なうことが大切です。

  • 排泄ケアをする前後には特に、きちんと手洗いを行なう。
  • 提供する食事は、原材料の産地に注意し、衛生的に調理をする。また、なるべく十分に加熱したものを提供する。

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

主に血液の中に出てきますので、血液を介して感染します(血液媒介型感染)。血液に直接触れないようにする予防が必要です。また、分泌物や排泄物にも血液が混じっている恐れがありますので、予防的に血液と同じ扱いをすることが必要です。

  • 感染者の血液や分泌物には直接触れないようにする。触れる恐れがある場合は、手袋を着用する。
  • 食器など区別する必要はないが、髭剃りや歯ブラシなど血液が付着する可能性のあるものは、共有せずに、個人使用にする。
  • ケアする前後には、きちんと手洗いを行なう。

関連ページ