サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

肝炎 肝炎とは

肝炎には、病態により主に急性肝炎、慢性肝炎(6ヶ月以上炎症が続くもの)、に分けられます。また、成因によってウイルス性(A型、B型、C型、D型、E型など)、アルコール性、薬物性、自己免疫性、その他に分類されます。施設等での感染対策で問題となる肝炎は、ウイルスが起因となるB型肝炎、C型肝炎です。

  A型 B型 C型 E型
感染経路 経口感染 血液感染 血液感染 経口感染
経過 急性肝炎
稀に劇症肝炎
急性肝炎
・慢性肝炎
急性肝炎
・慢性肝炎
急性肝炎
稀に劇症肝炎
慢性化 しない ほとんどしない する
A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

主な症状と感染経路

A型肝炎

A型肝炎は、典型的な消化器感染症の一つです。汚染された貝類などの食品を食べて感染することが多く、また、衛生状態の悪い地域でよく見られます。子どもの時に感染した場合は、ほとんどが不顕性感染で終りますが、大人になってから感染すると、発症することが多く、症状も一般に激しくなります。

原因
A型肝炎ウイルス(HAV)
主な症状
主に発熱、悪心、全身倦怠感、食欲不振、下痢、嘔吐など風邪のような症状がみられます。このような症状が消え、尿が黄色っぽくなる、あるいは便が白っぽくなると回復へ向います。ウイルスの感染は一過性であり、持続性ではないので慢性肝炎に移行することはありません。
感染経路
水・食物を介しての経口感染によって感染します。 A型、E型肝炎ウイルスは主に糞便の中に排出されるので糞便に汚染された食物や手指を介して口から入り感染します。

B型肝炎

B型肝炎は、一過性のものと持続性のものがありますが、持続性のものはほとんど母子感染によるものです。多くの場合急性肝炎となって、慢性化しません。

原因
B型肝炎ウイルス(HBV)
主な症状
全身倦怠感、食欲不振、悪心などの症状が特徴です。その後、黄疸が出現します。黄疸出現後は、尿の膿染(紅茶色)が見られます。その後、便が白っぽくなると回復に向います。
成人してからかかったB型肝炎のほとんどは慢性化せず、一過性の急性肝炎で終ります。
感染経路
血液を介して感染する血液媒介型感染です。母子感染や性交感染があげられます。

C型肝炎

C型肝炎は、季節、年齢、性別を問わず、発症します。以前は非A型非B型といわれたものの大部分がC型肝炎といわれています。輸血から生じる肝炎症例の大部分を、C型肝炎が占めており、高い確立で慢性化することが最も深刻な問題となっています。

原因
C型肝炎ウイルス(HCV)
主な症状
全身倦怠感、食欲不振、悪心などの症状が特徴です。その後、黄疸が出現します。
感染経路
血液を介して感染する血液媒介型感染です。B型感染のように母子感染や性交感染はそれほど多くはありません。体内に大量に血液が入る輸血による感染が主です。近年使用されている輸血や血液製剤は、輸血用血液のスクリーニングが実施されるようになり、まず感染はおこらないとされています。

E型肝炎

E型肝炎は、日本を含め先進国にはないといわれていますが、時折、流行を引き起こします。日本においてもE型肝炎による感染者を含め、死者が発見されています。

原因
E型肝炎ウイルス(HEV)
主な症状
主に発熱、悪心、全身倦怠感、食欲不振、下痢、嘔吐など風邪のような症状がみられます。このような症状が消え、尿が黄色っぽくなる、あるいは便が白っぽくなると回復へ向います。ウイルスの感染は一過性であり、持続性ではないので慢性肝炎に移行することはありませんが、ときに劇症肝炎になることがあり死亡することもあります。
感染経路
A型と同様、水・食物も介しての経口感染・水平感染によって感染。主に、ウイルスは糞便の中に排出されるので、糞便に汚染された食物や手指を介して口から入り感染します。