サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

疥癬 疥癬とは

通常疥癬

疥癬は「ヒゼンダニ(疥癬虫)」というダニの1種が、人の皮膚の最も外側の角層内に寄生するためにおこる、人から人にうつる感染症です。

ヒゼンダニの大きさはメス成虫で0.4mmくらいで、眼の良い人でもルーペでやっと見つけることができるくらいの大きさで、オスはさらに小さいです。昆虫と違って成虫の足は8本あります。
メスは交尾後、人の角層(あかになっておちていく部分)の中に数mmから数cmの横穴を掘りながら卵を産み続けます。この横穴を「疥癬トンネル」といい、疥癬に特有の症状のひとつです。主に手首の関節から先の手のひら、指間部、指にできます。メスはほとんどこのトンネルの中にすみ、1日に2~3個、1ヶ月以上も卵を産みつづけます。産みつけられた卵からは、3~4日で幼虫が孵化します。この幼虫は2週間程度で成虫となり、また卵を産みます。
幼虫やオスは、皮膚表面をうろついたり、一時的な穴を掘ったり、毛包内に一時的にすみついたりしますが、定まった生活場所はありません。いずれにしてもヒゼンダニの生息場所は角層内、もしくは皮膚表面に限られ、人から離れて長く生存することはできません。熱、乾燥に弱く、50℃では10分程度で死滅します。

角化型疥癬

通常疥癬よりも症状が重く、感染力も強いです。原因となるダニは、普通の疥癬と同じヒゼンダニですが、寄生される方の免疫力の低下が影響します。

角化型疥癬は、それ単独ではなく、もともと何らかの基礎疾患があって、それに合併する形で発症します。具体的には、加齢による全身衰弱、重症感染症、悪性腫瘍の末期、免疫抑制剤の投与による免疫不全、副腎皮質ホルモン剤多量長期投与などが関わると推測されます。つまり、免疫力が低下すると普通の疥癬ではなく、角化型疥癬として発症するものと思われます。したがって病院内や高齢者施設などでの発症が多く見られます。普通の疥癬が、一人につき多くても1,000匹程度のヒゼンダニが寄生するのに対し、角化型疥癬では100~200万匹にも達するといわれます。

主な症状

通常疥癬

疥癬は感染してから約1ヶ月の無症状の潜伏期間を経て発症します。
(※疥癬経験者または再発者は潜伏期間がない場合があります。)

疥癬を見分けるポイント

  • 夜間の激しいかゆみ
  • 指、手のひら、手首などの発疹:疥癬トンネル(わずかに盛り上がった線状疹)
  • 腹部、大腿部などに散在する紅色の小丘疹
  • 陰部、わきの下などにできる赤褐色の小結節
  • 家族、共同生活者などや、仮眠室を共有する人たちに同様の症状の人がいる  など

角化型疥癬

普通の疥癬とは異なり、角質が増殖し、重なりあい、カキ殻状になります。角質は触れるとぼろぼろと落屑します。体幹、四肢の関節の外側、骨の突出した部分など、圧迫や摩擦が起こりやすいところに多く見られます。また、普通の疥癬では発症しないような部位、例えば頭部や爪にも発症します。かゆみもさまざまで、非常に強いかゆみを訴える人から、まったくかゆみを伴わない人もいます。

増殖した角層内にはヒゼンダニが層をなして潜んでいます。これらが落屑すると、周囲に飛び散り感染の原因となります。虫体数が多いだけに感染力がとても強く、広範囲の施設内感染を引き起こすことが多く、普通の疥癬と比べるとはるかに問題が多いといえます。

感染経路

接触感染

対策を立てるにあたっては、疥癬なのかどうか、普通の疥癬か角化型疥癬か、また、患者の生活状況を把握し、感染経路と感染範囲を推定することが大切です。
これらの把握がなされないと、不適切な薬剤を使用して症状を悪化させたり、ピンポン感染を引き起こすことにつながります。
また認知症の方などの場合、自分で症状を説明できないこともあります。
使用する薬剤には、硫黄剤、安息香酸ベンジル、クロタミトンなどがあります。適切な治療を効果的に行うためには、専門の医師に相談し、患者をはじめ感染の可能性のある人全員に適切な治療を開始することが大切です。