サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

過去の常識=現在の非常識!?

ハンドソープが汚染される!?

手洗い剤(ハンドソープ)は管理が不十分な場合、細菌で汚染される可能性があります。
固形石けんや希釈・詰め替えで使用する手洗い剤は汚染の危険性があるため、原液・ディスポーザブル使用の手洗い剤がお勧めです。

手洗い剤の汚染に関する報告

石けん

手洗い場などの水回りは、湿った場所を好むセラチア菌や緑膿菌が増殖しやすい環境です。
固形石けんは、液体石けんに比べ使用中に細菌で汚染される頻度が高いとされており、厚生労働省が発表している高齢者介護施設における感染対策マニュアルでは、「石けんを使用するときは、固形石けんではなく、必ず液体石けんを使用する」と記載されています。
しかし、液体石けんであっても管理が不十分な場合、細菌によって汚染される可能性があります。主な要因としては、希釈後の長期保存、容器の洗浄不足、継ぎ足しおよび詰め替え時の細菌混入などがあります。

セラチア菌で汚染された石けんによる医療関連感染事例

詰め替え

病院においてセラチア菌による医療関連感染が発生したため、感染源の調査対象の1つとして手洗い剤を調べたところ、石けんボトルからセラチア菌が検出されました。
そこで、医療従事者が、セラチア菌が検出された石けん(ポンプ式)で手洗いを行ったところ、手指の汚染の程度が54倍になりました。このような調査結果から、本事例では、石けんボトルがセラチア菌で汚染され、それが医療従事者の手を介して伝播したと結論付けられました。

手洗い剤の選択と管理

噴霧

手洗い剤には様々な種類がありますが、医療関連感染を防ぐために、希釈などの調整が必要ない原液タイプで、容器は再利用しないディスポーザブル製品を選択することが勧められます。容器を再利用する場合でも継ぎ足しは行わず、入っている薬液を使い切ってから容器をブラッシング、流水洗浄し、十分に乾燥させて新しい手洗い剤を詰め替えます。
さらに、容器に触れることなく薬液を手に取ることができるノータッチ式ディスペンサーの使用が理想的です。