サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

感染症の基礎知識

過去の常識=現在の非常識!?

第一選択は手指消毒

手指衛生で手を衛生的に保つことは重要ですが、石けんと流水による手洗いばかりしていませんか?
現在では、手指衛生の第一選択として、速乾性アルコール製剤による手指消毒が推奨されています。

なぜ手洗いよりも手指消毒!?

手指消毒は、下記の理由から推奨されています。

  • 石けんによる手洗いよりもアルコール製剤による手指消毒の方が除菌効果が高く(図1)、短時間で微生物※1を除去できる。
  • アルコール製剤は様々な場所への設置、携帯が可能なため、場所を選ばず手指衛生ができる。
  • 効果的な手洗い時間の多くは30~60秒と報告されており、現実的ではない。
  • 保湿剤を配合し、手荒れに配慮した速乾性アルコール製剤が開発、発売されている。

※1:耐性菌を含む、一般細菌、真菌、インフルエンザウイルスなどのエンベロープを持つウイルスなど

  大腸菌を
付着させた状態
石けんと流水による
手洗い後
アルコール製剤による
手指消毒後
効果
図1 手指衛生の効果(サラヤ株式会社調べ※2

※2:手指全体に付着させた大腸菌を石けんと流水による手洗いと、アルコール製剤による手指消毒でどの程度除去できるか、スタンプ培地を使用し確認しています。

手指消毒は無敵!?

アルコール製剤による手指消毒は大変効果的ですが、洗浄効果はないため、汚れは除去できません。そのため、手が目に見えて汚れている場合は、必ず手洗いを行う必要があります。

また、速乾性アルコール製剤は、クロストリディオイデス・ディフィシルなどの芽胞形成菌に対して効果がなく、ノロウイルスなどのエンベロープのないウイルスには効きにくいという問題点があります。そのため、これらの病原体を除去する際には、石けんと流水で物理的に洗い流します。なお、pHの調整により、アルコールの効果を増強し、ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスにも効果が期待できる速乾性アルコール製剤が発売されています。これらを予防的対策として使用するのもお勧めです。

手洗い剤+流水と速乾性手指消毒剤

おすすめ対策商品