サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

福祉ナビ-栄養と食事

病態別食事のポイント

高血圧

高血圧ってどんな病気?

血圧が高い状態が長く続く状態を高血圧といいます。高血圧の基準は下図のように規定されています。
一般に血圧は年齢とともに上昇するので中年以降の発症が多い傾向にあります。
高血圧になりやすい遺伝的な体質と生活習慣の乱れ(塩分の摂りすぎ、肥満、喫煙など)以外に主な原因が見つからない場合が約90%で、それ以外は腎臓疾患など原因が明らかなケースです。
ほとんどの場合、生活習慣の改善で血圧は正常化します。

収縮期血圧≧140かつ90>拡張期血圧のとき収縮期高血圧と呼ぶ

どんな症状?

高血圧はかなり重症化しないかぎり、目立った症状はありません。
早く治療しなければいけないのに放置されがちで、『サイレントキラー(静かな殺し屋)』と呼ばれています。

高血圧はなぜ怖い?

血圧が高い状態が続くと、動脈にかかる負担が大きいために体の各臓器の血管がもろくなり、動脈硬化が進みます。
その結果、脳卒中、心筋梗塞、心不全、腎不全などが起こりやすくなります。

高血圧の治療

合併症の予防が治療の目的です。
食事療法、運動療法、生活習慣の改善を行い、それでも効果がみられない場合に薬物療法が行われます。

食事療法のポイント

1.食塩は6g/日以下に

食塩には血圧を上げる作用のあるナトリウムが多く含まれています。

ナトリウムが多い食品は、カップラーメン、魚の干し物、かまぼこ、あさり、ハムなど

おいしく減塩するコツ

  1. 1.新鮮な旬の素材そのものの旨みを活かしましょう
  2. 2.酸味・香辛料・香味野菜を利用して素材に風味づけをすることで、塩分が少なくても味にバラエティを
    持たせることができます
  3. 3.焼く・揚げるなど、香ばしく調理することで薄味でもおいしくいただけます
  4. 4.だしを濃い目にとって、旨みを十分に活かし、調味料を減らしましょう

2.野菜・果物・魚を積極的に摂りましょう

野菜、果物に多く含まれるカリウムや魚油は血圧を下げる作用があるので、 積極的に摂りましょう。

3.コレステロール・飽和脂肪酸の摂取を控えましょう

4.お酒を控えましょう

飲酒直後は血圧が低下しますが、数時間後には上がってしまいます。
全ての生活習慣病予防のためにも、お酒は控えましょう。

5.適正体重を維持するエネルギー摂取を

肥満は高血圧の危険因子です。太ってる人がやせるだけで高血圧が改善される場合もあります。
摂取エネルギー量に注意して適性体重を維持しましょう。