pagetop_off.gif

対応機種 db

case 07

南禅寺 八千代

所在地:京都市左京区

京料理とお庭の宿。市中にありながら、東に南禅寺、西に平安神宮を配し古の京文化が現在も脈々と息づく東山の麓に佇む。八千代は安土桃山時代に御所に出入りを許された魚問屋として始まり天正十六年(1588年)豊臣秀吉の頃、京都・聚楽第にあって盛宴をはるとき、ご用命を受けたと旧記に残っております。第二次大戦の折り店を移す事となり、戦後まもなく先祖の家業を上田秋成、小川治兵衛ゆかりの南禅寺畔でと料亭と料理旅館を営むようになり、現在も京都の粋を守り続けている。

南禅寺 八千代

中西 基文 様

旅館パブリックトイレに設置しました。
デザイン性も素晴らしく日本家屋にもよく馴染むデザインだと思います。
性能にも満足しております。