セミナー・展示会情報

フードサニテーションパートナー会 第50回 東京講演

2014年「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」にHACCP導入型基準が加わり、 わが国でHACCP制度化に向けてスタートしてから、当会では4年連続でHACCPをテーマに講演会を開催して参りました。 この6月13日には、HACCP制度化も含めた「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布され、いよいよ制度化が始まる中、 本年もHACCPをテーマに講演会を開催させていただくことになりました。HACCP先進国である海外の事例から学ぶべき ことや、導入に際して欠かせない経営者の役割等、導入にあたってお役立ていただける内容となっておりますので、奮って ご参加くださいますようご案内申し上げます。

■フードサニテーションパートナー会(FSP会)についてはこちらをご確認ください。

日程

13:00 ~(12:30 より受付開始)

公式ホームページ

詳細

会場

定員

150 名(定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。)

参加費

1名様 3,000円(当日受付にて参加費を頂戴いたします。)

参加お申し込み

参加お申し込みは下記より必要事項を記入し、お申し込みください。

申込みはこちら

主催

フードサニテーションパートナー(FSP)会

後援

東京サラヤ株式会社

講演内容

●13:00 ~ 13:10
開会のあいさつ

●13:10 ~ 14:40
【講演1】HACCP先進国に学ぶ、導入のメリットと課題
山口大学 共同獣医学部
教授 豊福 肇 氏

●14:55 ~ 15:35
【講演2】HACCPを導入するために経営者に求められること
株式会社藤江
代表取締役社長 益子 純子 氏

●15:35 ~ 15:55
【 講演3】HACCP導入へのサポート体制
東京サラヤ株式会社
サニテーション事業本部 食品衛生サポート部
統括部長 砂川 晃一 氏

●16:00 ~ 16:30
質疑応答

●16:45 ~ 18:00
情報交換会
受講者同士の情報交換・講師の先生方との交流の場として、立食形式の情報交換会を開催します。

~18:00 終了