セミナー・展示会情報

2010 感染予防・健康 企業対策シンポジウム(東京・大阪・名古屋)開催レポート

6月10日にTHE GRAND HALL(東京都港区)、6月23日に大阪商工会議所(大阪市中央区)、7月8日にミッドランドホール(名古屋市中村区)の3会場で感染と予防特別企画「2010 感染予防・健康 企業対策シンポジウム」を開催いたしました。

2009年の新型インフルエンザ発生より約1年が経過した今、企業のリスク管理に新たに加わった「感染症健康危機管理」の現状とこれからの対策をはじめ、メタボリックやメンタルヘルスに代表される「健康経営」をテーマに、東京医科大学病院 感染制御部 濱田先生(東京会場、大阪会場)と渡航医学センター 西新橋クリニック 院長 大越先生より基調講演を、また日本ユニシス株式会社をはじめとするサラヤパートナー企業の皆様にもご登壇いただき、'先進企業の今'をパネルディスカッションにて展開いたしました。

各会場共に、多くのお客様にご来場賜り、企業対策への理解を深めていただきました。
お忙しい中ご参加いただきました皆様、本当に有難うございました。

プログラムと受講者アンケート

~開催・主催者挨拶

代表取締役社長
更家 悠介(東京会場)
営業統括本部 公衆衛生事業部
統括部長
加藤 英雄(大阪・名古屋会場)

~Ⅰ.基調講演

「新型インフルエンザ流行の総括とこれからの企業・職場での感染対策」

東京医科大学病院 感染制御部
兼任准教授
濱田 篤郎 氏(東京・大阪会場)
渡航医学センター 西新橋クリニック
院長
大越 裕文 氏(名古屋会場)

受講者事前アンケートより(有効回答数:121人)

基調講演「新型インフルエンザ流行の総括とこれからの企業・職場での感染対策」は参考になりましたか?

回答は、266人中、「大変参考になった」が69人、「参考になった」が177人、「どちらとも言えない」が17人、「あまり参考にならなかった」2人、「参考にならなかった」が1人。

受講者からの声<アンケートより>

当社の対応が間違っていなかった事が確認できました。また、今後の課題も分かりました。
(東京会場参加者)

リスクに対する備えやその根拠等、非常に分かり易く説明頂けました。
(大阪会場参加者)

産業医のご経験を生かされた、非常に分かり易い講演でした。
(名古屋会場参加者)

教育が大切であることを改めて感じた。
(東京会場参加者)

具体的な対策を立てるにあたっての方向性が見えてきました。
(大阪会場参加者)

マスコミ報道レベルの知識しか持ち合わせていなかった中で、より深い話、事象、計数等を認識できた。
(名古屋会場参加者)

~Ⅱ.企業活動報告

「先進企業のCSR活動事例~感染症と健康問題への取り組み、社員のやる気は会社の元気!~」

日本ユニシス株式会社 CSR推進部長
多田 哲 氏

受講者アンケート

企業活動報告「感染症と健康問題への取り組み、社員のやる気は会社の元気!」は参考になりましたか?

回答は、266人中、「大変参考になった」が71人、「参考になった」が158人、「どちらとも言えない」が28人、「あまり参考にならなかった」7人、「参考にならなかった」が1人。

受講者からの声<アンケートより>

多田様のおっしゃられていた事例の中には、当社でも「まねしたい!」と思うものがたくさんありました。
(東京会場参加者)

我々とは違ったユニークな取り組みをされているということが、非常に参考になりました。
(大阪会場参加者)

CSR推進が社内・社員への強いメッセージ発信となり、その中で社員の健康についてのコンセンサスが出来上がり、結果として企業の感染症対策につながることがよく理解できた。
(名古屋会場参加者)

~Ⅲ.パネルディスカッション

「企業の今が分かる!企業の健康危機管理・健康経営活動への取り組みと課題」

パネリストは、日本ユニシス株式会社 多田 哲 氏(東京・大阪・名古屋会場)、株式会社セブン&アイHLDGS 成田 庄二 氏(東京・大阪・名古屋会場)、株式会社三菱総合研究所 野口 和彦 氏(東京会場)、テルモ株式会社 和田 優子 氏(東京・名古屋会場)、株式会社 毎日放送 坂口 功 氏(大阪会場)、株式会社インターリスク総研 本田 茂樹 氏(名古屋会場)、モデレータはサラヤ(株)B&C事業本部アメニティ健康推進部 鎌倉直樹です。

受講者アンケート

日常業務の参考となりましたか?

回答は、266人中、「大変参考になった」が41人、「参考になった」が175人、「どちらとも言えない」が28人、「あまり参考にならなかった」5人、「参考にならなかった」が0人。

受講者からの声<アンケートより>

非常時になってから慌てるのではなく、日頃からの備えが大事という基本的なことを再確認できました。
(東京会場参加者)

コンサルではなく、実例を聞くことができたのが非常に良かったです。
(大阪会場参加者)

パネラーの話がすべて実践的なものだったため。直ちに日常業務に生かせるものが多かった。
(名古屋会場参加者)

すべてをいきなり取り入れることはできませんが、先を走られている各社の取り組みを伺えたことは大きな収穫でした。
(東京会場参加者)

なかなか良い方法がないメンタルヘルス対策等、他社事例を聞くことができ、有意義でした。
(大阪会場参加者)

「感染症情報」を専門職の立場からわかりやすいよう社員教育等などで説明会を開き、会社側(社員)に働きかけていきたいと思いました。
(名古屋会場参加者)

受講者アンケート<シンポジウム全体について>

今回のセミナーをお聴きになって、満足度はどのくらいですか?

回答は、266人中、「非常に満足」が50人、「満足」が171人、「どちらとも言えない」が21人、「あまり満足していない」6人、「満足していない」が0人。

受講者からの声<アンケートより>

東京会場参加者より

  • 他社の取組みを聞けて良かったと思います。またお願いします。
  • 各社とも健康に対する取り組みを積極的にされており、大変参考になりました。どうもありがとうございました。
  • 非常に有意義な機会を与えて頂きました。ありがとうございました。
  • 大変参考になったので、またお声を掛けていただければ参加したいと思います。
  • 一人相撲では何も動かないと実感しました。
  • 新しい情報が聞けて今後BCPを策定する上で役立たせたい。
  • パネルディスカッションが時間の割りにテーマが多すぎて、内容が薄かったので、1つのテーマをもっと深くやってほしい。

大阪会場参加者より

  • 業種に偏りがなく、バランスのいい人選でおもしろく聞くことができました。
  • 初めて参加させていただきました。健康の一面からしかみていませんでしたが、広義での健康を勉強させていただき、本当にありがとうございました。
  • 今回のシンポジウムに参加して、さまざまな議題があり、私だったら(私が思うには)という所がありましたが、いろいろな情報(違った意見・取り組み等)参考になりました。次回も是非参加したいと思います。
  • 「継続が信頼につながる」「メディア報道がすべて真実とは限らない」というお話が興味深かったです。ありがとうございました。
  • 内容が充実していて参考になった。すぐに会社に帰り、自分なりの記録を残して活用したいと思います。
  • 悪い例も具体的に教えてもらえればと思いました。
  • 企業対策の具体例をもっと多くしてください。

名古屋会場参加者より

  • パネルディスカッションのパネリストさん、モデレータの話しのテンポが良く、内容も充実していて、今後重要なテーマとなる健康・メンタルヘルスについて学べた。具体的な話題を取り上げていただいていたのでわかりやすかった。
  • 企業のリスクマネジメントの中で、社員の健康・感染症対策(=健康経営)は極めて重要と思われる。
  • ユニシスの多田様のお話は企業のレベルの高さを感じました。何かアクションを起こすときには、トップの考え、言動が重要であり、必要と思います。そのところをもっと聞きたかったです。(少しありましたが。)パネルディスカッションの内容も含め、経営者の考えが重要である事が強く感じられた。
  • 昨年の流行から今後どうしていくのか、ということを考えていく、いいきっかけになりました。充実した沢山の意見を伺うことが出来ました。
  • 短い時間の中で(参加しやすい、負担にならない時間の長さでした。)皆さん意見がまとまっており、聞きやすく参考になりました。ありがとうございました。
  • もっと長時間で実施してほしい。質問の時間を長時間取ってほしい。
  • 内容が多いため、1つに対する時間が少なかった。時間をかけてもう少し内容を深くしてほしいです。

シンポジウム事務局より

事前アンケートより、他社の対策を知りたいをいうご要望を多数いただき、事例を取り入れたパネルディスカッションを開催する運びとなりました。結果、多くの受講者から「参考になった」というお声をいただきました。
しかし、内容が盛りだくさんであったことから、「もっと時間をかけてほしかった」というお声もいただきました。この点に関しましては、今後の参考にさせていただきます。
アンケートにご協力いただきました皆様、有難うございました。