SARAYA 企業・法人向け

Home > sanitation > ノロウイルス対策 > 徹底した手洗い

sanitation

食品取扱者のためのノロウイルス対策

徹底した手洗い

ノロウイルスは非常に小さいため、皮ふ表面のシワ等の凹凸に入り込みます。そのため「衛生的手洗い」で、しっかり洗い流すことが肝心です。衛生的手洗いは、食品を取り扱う方や調理従事者の方が習得し、実施すべき手洗い方法です。

衛生的手洗いとは

「衛生的手洗い」は、感染予防や食中毒予防のために、通過菌をすべて除去することを目的とした手洗いです。
食品を取り扱う方は、「衛生的手洗い」の実施が求められます。 とくに手洗いが不十分になりやすい部位(親指や指先、手のしわなど)を意識してしっかり洗います。
ノロウイルスは極めて微小なため、1度の手洗いでは落ちにくく、2度手洗いをおすすめします。

2度手洗いの手順

手洗いのタイミング

  • トイレの後 2度手洗い
  • 嘔吐物、排泄物などの処理後 2度手洗い
  • 食品を取り扱う直前 2度手洗い
  • 外出から戻った時
  • ゴミなど汚れたものを触った時
  • 手袋着用の前後

用便後や嘔吐物の処理後は2度手洗い

ハンドケア・手荒れ対策の重要性

手洗いによる細菌やウイルスの除去効果は皮ふの状態に大きな影響を受けます。手が荒れると、皮ふ表面の凸凹が大きくなり、ノロウイルスの除去が難しくなってしまいます。健康な肌を維持することはノロウイルス予防のひとつです。

手指衛生ツール

調理従事者の手洗い

パブリックスペースの手洗い