サラヤ株式会社 企業・法人 トップページへ

お問い合わせはこちら

サポートサービスはこちら

業務用公式通販はこちら

Loading

Home > sanitation > 食中毒予防教室 > 食中毒のいろいろ > ノロウイルス

食中毒予防教室

食中毒のいろいろ

ノロウイルス

ノロウイルス
潜伏場所

人の腸内や二枚貝に生息。

原因食品
  • 二枚貝。
  • 調理従事者を介して二次汚染された食品など。
菌の特徴
  • 人の腸内のみで増殖する。
  • 少量で感染し、発症率が高い。
  • 長期間にわたる免疫が獲得できないため、繰り返し感染する。
  • 食中毒事例では食品取扱者を介した汚染が原因となるケースが多い。
  • 食品からだけではなく、接触や空気などを介して経口感染する。
潜伏期間

24~48時間

症状

吐き気・嘔吐・下痢・腹痛。発熱は一般的に軽度。

対抗手段
  • 感染の疑いのある人は食品の取り扱いに従事しない。
  • 手指をよく洗浄・消毒し、二次汚染を予防する。
  • 二枚貝の生食を避け、中心部まで十分に加熱する。(85~90℃、90秒間以上)
  • 嘔吐物にも多量のウイルスが含まれるため、その処理は適切に行う。
  • 環境が汚染されたら、殺菌剤による清浄化が必要。