サラヤ株式会社 企業・法人 トップページへ

業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Loading

Home > 感染と予防Web > インフルエンザ > うがい

インフルエンザ
うがい

うがいはなぜ必要か

うがいは、機械的な洗浄効果や、さらにうがい薬を用いた場合は、殺菌力や化学的洗浄効果によって、口腔を通じて侵入してくるウイルスや細菌などに対して効果を発揮します。うがいによって、口の中がスッキリしてリフレッシュした気分になったり、口臭を防いだり、虫歯や歯周病を防ぐのもこれらの効果の組合わせによるものです。

人の防御機能への効果

空気中の細菌やウイルスなどに対する人の防御機能として、まず、だ液などの分泌液には殺菌成分が含まれています。α-連鎖球菌などの口腔内の微生物は、外から来る細菌などが定着するのを防いでいます。ノドには細かい毛(線毛)と、その表面に粘液があり、この粘液が細菌やホコリなどをとらえ、線毛運動が粘液といっしょにこれらを外にむかって追い出します。それらを乗り越えて肺にまで達するものもいますが、肺にはマクロファージという細胞がいて、細菌を食べて消化して殺菌します。肺の好中球も同じように菌を殺します。

うがいは、口腔やのどを洗浄して、細菌やちり・ホコリなどを粘液といっしょに除きます。
また、のどを適度に刺激して粘液の分泌や血行を盛んにしたり、のどの潤いを保って、線毛運動の衰えを防ぐという効果が考えられます。

インフルエンザに対する効果

うがいの予防効果に科学的根拠がないといわれて久しかったのですが、最近、京都大学のグループよって、うがいの「かぜ」予防の有効性が科学的に実証されました。

2002~2003年の冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査が行われました。うがいは15秒を2度行い、1日3回以上実施されました。

その結果、「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、うがいのかぜ予防効果が実証されました。

ただ、「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられませんでした。この原因として、正常細菌のバランスが、薬によって壊されたためではないかと推測されています。

文献:

  • 川村 孝, 里村一成, 後藤雅史, 北村哲久, 系統的無作為割付対照試験による感冒の予防・治療体系の確立. Reserch Papers of The Suzuken Memorial Foundation, 22:42-45, 2005.
  • 里村一成, 川村 孝, うがいによる風邪の予防効果. Medical Practice, 23(8):1460-1461, 2006.

ただし、この試験では、調査対象からインフルエンザは除かれています。インフルエンザウイルスは、かぜのウイルスよりも感染力が強いと考えられるので、この研究結果が、インフルエンザに適用できるかどうかはわかりません。

インフルエンザの予防にうがいは効果がないのではないかと、その根拠としてよくあげられるのが、「インフルエンザウイルスは気道の粘膜に取り付くと約20分で細胞の中に取り込まれるが、20分毎のうがいは現実的でない」というものです。

ところが、紅茶による1日2回のうがいによって、インフルエンザの罹患率が低下したと専門誌に報告されています。 紅茶の予防効果は、その成分(カテキン)がウイルス粒子のスパイクへに付着して、細胞への吸着を阻止するためとされています。カテキンの効果については議論のあるところで、うがいによる洗浄効果によるものかもしれませんが、いずれにしても細胞の中に入ったウイルスに効くわけではありません。それでも、予防効果が見られたということは、ウイルスの侵入や吸着、細胞への取込み は、1日中絶えず起こっているわけでもないのかもしれません。また他の要因によって、ウイルスの取り込みが遅いことがあるのかもしれません。

とにかく、うがいは、インフルエンザを含めかぜのような感染様式をもつ感染症には一定の効果は期待できると思われます。

うがいの有効性

うがいの有効性グラフ
  • うがい薬を使用して風邪予防に対するうがいの有効性について検討した結果、うがいの励行グループはうがい任意のグループと比べて、風邪の罹患率は有意に低く、うがい薬によるうがいは風邪予防に効果的であることが示されています(産衛誌1996;38:217-222.)。
  • うがい薬は、気道内に付着した細菌やウイルスを体外へ洗い流す作用に優れ(吐き出した液の濁度の比較:うがい薬でのうがい後117、水うがい後50)、水うがいよりも効果があります。

口腔内や咽頭に存在する細菌(黄色ブドウ球菌、緑膿菌、インフルエンザ菌、セラチア菌、肺炎球菌など)は、プロテアーゼやノイラミニダーゼを産生し、歯周や咽頭の粘膜を覆っている粘液層を破壊し、上気道粘膜細胞がもっているインフルエンザウイルスなどのウイルスに対するレセプターを露出させることによって、ウイルス粒子の粘膜細胞への吸着を高めるといわれています。ノイラミニダーゼはインフルエンザのHAの開裂を促進させて、増殖したウイルスが細胞の外に出るのを助けます。したがって、ウイルスに直接効果がないとしても、うがいは、口腔内のプロテアーゼなどを産生する菌を減少させ、インフルエンザウイルスの活性化を阻止することによって、インフルエンザウイルスの感染を予防する効果が期待できます。

「うがいの効用」事例情報集をダウンロード

※「うがいの効用」事例情報集とは、うがいに関する文献を集めたものです。

「うがいの効用」事例情報集をご覧いただくには、IDとパスワードが必要です。IDとパスワードは無料メールマガジン「News!メルマガな感染と予防」購読者にお知らせしています。メルマガ購読は、こちらからお申し込みください。

うがいの方法

あなたは普段、どのようなうがいをしていますか?
効果的なうがいの方法をマスターして、うがいエチケットを行いましょう!

  1. うがい液を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かし、「グチュグチュ」と行い、吐き出します。
  2. もう一度うがい液を口に含み、上を向いて、「オ~」と発声してうがいをします。(声が震えはじめると、口蓋垂の奥へ届いている証拠です)
  3. 冷たいうがい液が口中で温かく感じてきたら、吐き出してください。

日常的なうがい

健康管理のための日常的なうがいには、安全性が高く、作用の穏やかなうがい薬(コロロやコロロSP)が有用と思われます。殺菌力はヨウ素系うがい薬と比較すると弱いものの、洗浄力があるため、殺菌とともに洗い流す効果が期待できます。「うがい薬コロロ」や「うがい薬コロロSP」は、学校や労働衛生の場で長年にわたって使用されてきた実績が、安全性の証明となります。

うがいのタイミング

以下のようなタイミングでうがいをすると、より効果的です。

  • 風邪の流行の時期
  • 外から帰ってきたとき
  • 人ごみの中に入った後
  • 空気が乾燥しているとき
  • 食事の前後
  • タバコを吸った後
  • タバコを吸った後