サラヤ株式会社 企業・法人 トップページへ

お問い合わせはこちら

サポートサービスはこちら

業務用公式通販はこちら

Loading

Home > 感染と予防Web > インフルエンザ > 特徴

インフルエンザ
特徴

インフルエンザ(流行性感冒)とかぜ(普通感冒)の大きな違いは、症状の重さと原因ウイルスの感染力です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされる疾患です。A型、B型は感染力が強く、大きな流行を起こします。典型的なインフルエンザは、ウイルスの感染を受けてから1~3日間の短い潜伏期を経て、38℃以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状が突然あらわれ、この後、咳、鼻汁などの上気道炎症状が続き、約1週間で軽快します。

患者からの感染性は、発症の1日前からあり、24時間~48時間がもっとも高く、その後は急に低下します(全体で5日~10日間)。ただ小児の場合はもう少し長くなるようです。

一方、かぜの原因ウイルスは特定のものではなく、約10種ほどのウイルス(型によって分類すると200~300種類)によるものです。ウイルスによって症状に違いはあるものの、一般的に症状は鼻水など軽いものです。ウイルスの感染力もあまり強くなく、例えば、ライノウイルスの感染経路を調べる実験で、感染した人としていない人をひとつの部屋に入れ、故意に鼻水や唾液のついた手で触れたり、キスをしたりしても、なかなか感染しなかった例もあります。症状も一般に軽く、全身症状はほとんどありません。

インフルエンザと普通感冒(かぜ)の違い
インフルエンザ(流行性感冒) 比較ポイント 普通感冒(かぜ)
悪寒、頭痛、突然の発熱 初発症状 鼻咽頭の乾燥感、くしゃみ
悪寒、発熱、全身倦怠感、頭痛、腰痛、筋肉痛、関節痛、鼻づまり、咳、痰、のどの痛み おもな症状 くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、咳、のどの痛み、軽い発熱、全身倦怠感
強い 悪寒 軽度、きわめて短期
38~40℃(3~4日間) 熱(期間) ないか、もしくは微熱
強い 倦怠感 ほとんどない、弱い
強い 全身症状 ない
気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎、クループ、インフルエンザ肺炎、細菌性肺炎、肝障害、熱性けいれん、ライ症候群、ギラン・バレー症候群、脳炎・脳症(特に乳幼児)、心筋炎、腎不全など 合併症 まれ(副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、中耳炎、結膜炎、髄膜炎など)
インフルエンザウイルス(11月~4月頃) 病原体
(流行期)
ライノウイルス(冬期)、アデノウイルス(年中)、コロナウイルス(冬期~春期)、RSウイルス(11月~3月頃)、パラインフルエンザウイルス(3月~7月頃)、などウイルス以外では、細菌、マイコプラズマ
強く、急激に増加する 感染力 弱く、ウイルスは徐々に増える
あり 迅速診断 なし

インフルエンザの流行は、学校が増幅の場となり、そこで感染した子どもから家庭に広がっていきます。学童期は、免疫能の発達が十分でなく、学校などの集団生活で感染を受けやすいため、インフルエンザの罹患率が最も高くなります。年齢が高くなるにつれて、自然感染やワクチン接種によって免疫を得る人が多くなり、罹患率は低くなっていきます。

ただ、インフルエンザは、発症(発熱)の1日前から感染性があり、発症から24時間~48時間がもっとも感染性が高いこと、1人の感染者からおよそ3人の新たな感染者が生じること、潜伏期が短いので短期間で急速に患者数が増加するため、流行すれば、短期間に全年齢層を巻き込んで膨大な数の患者を発生します。

高齢者は、罹患率は低いのですが、死亡数が他の年齢と比べて非常に高くなります。これは、加齢によって抵抗力が下がることに加え、慢性疾患などのためにインフルエンザの危険因子が高いことが考えられます(ハイリスク群)。

図 インフルエンザの年齢別罹患率と死亡数

ハイリスク群=インフルエンザが重症化したり致命的な合併症を起こしやすい人

  1. 65歳以上の高齢者
  2. 妊娠26週以降の妊婦
  3. 小児
  4. 呼吸器、循環器、腎臓に慢性疾患を持つ患者
  5. 代謝疾患、免疫機能が低下している患者