サラヤ株式会社 企業・法人 トップページへ

業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Loading

Home > 感染と予防Web > インフルエンザ > 感染経路

インフルエンザ
感染経路

インフルエンザの感染の多くは、飛沫感染によると考えられています。また、接触感染や空気感染による感染も成立すると考えられています。

「飛沫感染」

感染者のくしゃみや咳によって、インフルエンザウイルスを含んだ気道分泌物の小粒子が周囲に飛び散ります。この小粒子を飛沫といい、その数は、1回のくしゃみで約200万個、咳で約10万個といわれます。粒子は比較的大きいのですが、感染者からおよそ1~1.5メートルの距離であれば、直接に周囲の人の呼吸器に侵入してウイルスの感染が起こります。また、目などの粘膜から直接侵入することもあるようです。

「接触感染」

飛沫に汚染された環境表面やモノなどに触れることによってウイルスが付着した手を介する感染です。手についたウイルスを目や鼻、口などに無意識にもっていくことにより、粘膜からウイルスが侵入します。ウイルスは乾燥した環境中では長時間生きつづけることができるので、感染者が使用した電話やドアノブ、食器、交通機関のつり革などにウイルスが付着して、後からそれを触ったヒトに感染が起こり、広がることがあり得ます。

「空気感染」

飛沫から水分の飛んだ、ごく細かい粒子(飛沫核)が長い間空中に浮遊するために、感染者と同じ空間にいる人がウイルスを吸入することによって起こる感染です。飛沫核感染とも言われます。狭い気密な部屋などでは粒子が比較的長く浮遊することがあり、空気が低温で乾燥していると、ウイルスはより長く感染性をもち続けています。このような条件がそろうと空気感染が起こることがあると思われます。空気感染を防ぐ上では、空調や換気、温湿度の管理などが重要です。

飛沫と飛沫核の違い
  飛沫 飛沫核
感染様式 飛沫感染 空気感染
直 径 5μm以上 5μm以下
落下速度 30~80cm/sec 0.06m~1.5 cm/sec
周囲の水分 あり なし
到達距離 短い(約1m) 長い

参考:米国CDC 隔離予防ガイドライン1996