業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Home > 福祉ナビ > 福祉サービス別感染対策 > 在宅介護

サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

福祉サービス別感染対策

感染対策のポイント

感染対策のポイント

在宅介護においては、医療機関等のように感染対策に精通したスタッフが必ずしも存在しない中で、訪問看護師や介護士の方々が中心となってケアにあたります。また、ご利用者は、感染・発症しやすい状態にあり、微生物を排除・減少させることが困難であるため、まずは感染源との接触、人・物を介した感染防止を徹底する必要があります。ご利用者が感染症であったとしても、介護する方みなさんが感染するわけではなく、予防することが可能です。様々な人が関わる在宅介護では、感染対策における過剰な反応は周囲を混乱させかねないため、十分な知識と配慮が必要となります。ご利用者と自身を感染から守るため、感染症についての知識を深め、万全な対策を講じることが大切です。

訪問時の感染対策実施例

訪問時の感染対策実施例
  • 訪問時、終了後の手洗い、うがい、手指消毒。
  • 衣服が汚れる場合、予防衣、必要に応じてマスクの着用。
  • 褥瘡、血液、汚物に触れるおそれのある場合、使い捨て手袋の着用。
  • 訪問先の状況に合わせて、スリッパや靴下を持参する。

感染症の方を訪問する場合

感染を広めないために、感染症の方のお宅への訪問は、1日の最後にすることも対応の一つです。また、自身が感染症にかかった場合、訪問を休む、交代することが必要です。

感染について

感染は手やものを経路として伝わります。介護の前後、トイレの後、食事の前後、帰宅時、傷口・血液に触れた後はうがい・手洗い・手指消毒を行い、感染経路を遮断しましょう。

からだを清潔に保つことは、感染症対策とともに皮膚の生理機能が十分に働くようにするためにも重要です。皮膚を汚れたままにしておくと、感染や悪臭の原因になり、皮膚の生理機能を障害することにもつながります。精神的にも不快感がわき、生活や社会的活動の意欲を低下させることにもなります。からだを清潔にすることは、からだの生理機能を保つとともに、爽快感を得、心身ともに清潔の欲求を満たし、生活や社会的活動の意欲にもつながります。

気をつけたい感染症