業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Home > 福祉ナビ > 口腔ケア > 口腔ケアの実際 > 口腔ケアの方法

サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

口腔ケア

口腔ケアの実際

口腔ケアの方法

歯ブラシの持ち方

1.歯磨き

  • 歯ブラシは鉛筆を持つように持ちます。
  • 歯の汚れの残りやすい部分を丁寧に磨きます。
  • 歯ブラシの当て方はソフトタッチ、揺らすように。
  • 一度に、1〜2本ずつ磨きます。
歯磨きの手順
口腔清拭の手順

2.含嗽法(うがい)

  • 口唇をしっかり閉じて
  • 大きく頬を膨らませて
  • 口に含んだ水を勢いよく動かします。

3.口腔清拭

  • 体を起こすことができない時
  • 水を口に含めない時
  • 歯ブラシが歯肉を傷つける時

以上のようなとき、口腔清拭を行います。
スポンジ・ブラシや指にガーゼを巻き、緑茶や白湯で湿らせ、歯、歯肉、頬の内側、舌の下のすみずみまで、口腔内を潤し、食べ物の残りかすを拭き取ります。

4.義歯の取り扱い方と清掃方法

1)義歯の特長

義歯は熱・乾燥・摩擦・衝撃に弱いため、以下の点に留意しましょう。

〜義歯の取り扱い時の留意点〜

  • 流水で洗う。
  • 水につけて、またはフタつきの専用容器で保管する。
  • 歯磨き剤でこすらない。
  • 落とさない。

2)清掃法

総義歯

清掃法。目に見える汚れは専用ブラシで清掃。目に見えない汚れを洗浄剤で除菌します。汚れのつきやすい部分は上顎のうしろのふちと内側の歯茎の粘膜につける部分です。

部分義歯

クラスプ(かけ金)部分、クラスプをかけている歯の部分を丁寧に磨いてください。ブリッジは、かぶせ物と歯茎の間の汚れをとります。

清掃法。総義歯の場合と同様に清掃していくが、クラスプ部分は特に丁寧に洗浄する。クラスプをかけている歯の部分も丁寧に磨く。汚れのつきやすい部分は金具の部分です。

※感染予防のために、手袋をして洗いましょう。

5.自分で磨けない人の口腔ケア

1)介助のポイント

  • 必ず相手に声をかけ、今から何をするのかを伝える
  • 相手の習慣を尊重する
  • できることは自分でしていただく
  • できるだけ、ベッドから出て、洗面所で行う
  • 疲れない範囲で行う

2)声かけ・見守りが必要な人のケア

  • わかりやすいことばで、口腔ケアに誘う
  • 洗面所の場所、歯ブラシの使い方を伝える
  • 一緒に歯磨きをする

3)準備・後片付けが必要な人のケア

  • 使いやすいように置く
  • 準備した位置を伝える

4)仕上げ磨きが必要な人のケア

  • 細かい部分や磨き残しやすい部分を補助的ブラシや子ども用ブラシで磨く

5)全て介助で歯磨きが必要な人のケア

  • できるだけ座った状態で行う(30度は体を起こして)
  • 頭を固定して、顎を上げない
  • 口腔内を十分潤わせる
  • 奥まで見えるよう明るいところで行う
  • 唾液を肺へ吸い込まないよう注意する
    (吸引器があれば、吸引しながら)
  • 疲れないよう手早く磨く