業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Home > 福祉ナビ > 口腔ケア > 口腔ケアの実際

サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

口腔ケア

口腔ケアの実際

口腔ケアの基本

  • 口腔内の状態にあった道具を選びます。
  • 歯、歯肉、頬の内側、舌、義歯を清掃します。義歯を入れているときは、義歯を外して、歯の抜けた歯茎のところも清掃します。
  • 口腔ケアは口腔の観察のチャンス--義歯をはずして、明るいところですみずみまで観察します。
  • 口腔内の状態に変化があったときは、歯科受診します。
  • 口腔ケアを行い、生活リズムをつけます。

歯ブラシについて

歯ブラシの選び方

  1. 1)ブラシの大きさは「小さめ」

    1度に歯が2本ずつ磨ける大きさ(指1.5〜2本分)奥歯や歯並びの悪いブラシの届きにくいところには子ども用を使用する

  2. 2)ブラシの毛の硬さは「軟らかめ」

    歯と歯の間、歯と歯茎の間に毛が入っていく程度

  3. 3)毛束の量は「少なめ」

    毛束は2〜3列(汚れを落としやすく、乾燥させやすい)

  4. 4)ブラシの柄は「ストレートハンドル」

    力を調整して、小さく動かしやすい

ヘッドの大きさの目安

歯ブラシの補助具について

補助具には、歯ブラシでは届かないところを丁寧に磨くためのもの、歯ブラシが持ちにくい方のために一工夫されたものなどがあります。歯科衛生士のアドバイスを受けて、気持ちよく口腔ケアを行ないましょう。

柄の角度を変えた歯ブラシ、ウォーター・ピック、柄を太くした歯ブラシ、電動歯ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)、歯間ブラシなどがあります。

歯磨き剤・洗口剤・含嗽剤(がんそうざい)について

歯磨き剤は大豆1粒分

歯磨き剤・洗口剤

  • 1回分の歯磨き剤は「大豆1粒分」が適量です。
  • フッ素入り歯磨き剤・洗口剤は虫歯予防効果があります。
  • 歯磨き剤の口臭効果はあくまで一時的です。
注意。口腔ケアは、あくまでブラシをつかった歯磨きが基本です。

含嗽剤(うがい薬)

  • クロルヘキシジン入り含嗽剤は歯磨き後に使うと効果的です。
  • その他にデンタルリンスと呼ばれているものも良いでしょう。