業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Home > 福祉ナビ > 感染対策の基礎知識 > 感染症の種類と特徴 > ノロウイルス

サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

pro-福祉ナビ-感染症の基礎知識

感染症の種類と特徴

ノロウイルス ノロウイルスとは

ノロウイルスは、乳幼児から高齢者まで、幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こす、ウイルス性の感染症です。主に冬場に多発し、11月ごろから流行がはじまり、1、2月にピークを迎えます。

ノロウイルスの特徴

  • 人の腸管のみで増殖する。
  • 感染力が強く、少量(10~100個)でも発症する。
  • 経口感染、接触感染、飛沫感染など感染ルートが複数ある。
  • ノロウイルスに一度感染した患者でも繰り返し感染・発症する。

主な症状

  • 体内にウイルスが入ってから、24~48時間に激しい嘔吐や下痢、腹痛が発生。ときには、発熱、頭痛、筋肉痛を伴う。
  • 症状は1~3日続くが、後遺症は残らない。
  • まれに、1日あたり20回以上の下痢症状を呈し、脱水症状になることもある。
    その場合、入院と点滴などの特別な処置が必要となることがある。
  • 自覚症状がなくなってからもウイルスの排泄が続く事がある。

不顕性感染に要注意

ノロウイルスに感染して下痢症状等の症状がなくても、ウイルスを排出することがあります。これを、「不顕性感染」と言います。無症状であっても、利用者や家族、同僚などに症状がある場合、自身も感染している可能性があるため、特に食品を取扱う方などは注意が必要です。

感染経路

ノロウイルスは主に以下のようなルートで体内に取り込まれます。
正しい予防法を実践するためにも、まずは感染経路をきちんと把握しましょう。

ドアノブやスイッチ等を介してウイルスが付着した手指から体内へ入って感染→手洗いが不十分で手指にウイルス付着(ここで、適切な手洗いで防止できます)→調理中にウイルスが調理器具や食品に付着→ウイルス付着した食品を食べて感染→食べた人が排便、または嘔吐で大量のウイルスを排出(ここで、適切な手洗い。適切な汚物処理で防止できます)→不適切な汚物処理や排便後の不十分な手洗いにより手指にウイルスが付着。不適切な汚物処理で残ったウイルスが空中に浮遊し、これが口に入って感染し、感染者が手指で触れて付着→次に触れた人の手指に付着(ここで、適切な手洗いで防止できます)→これを触った人が接触感染し、こういったサイクルを繰り返してしまう

ノロウイルスはヒト→ヒト感染が多く一人ひとりの取り組みが重要!

ノロウイルスは、感染症と食中毒の両方を引き起こすウイルスであり、ノロウイルスに汚染された食品だけでなく、ノロウイルスに感染した人の手指などを介して起こる二次感染が増えています。