業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Loading

Home > 福祉ナビ > 福祉サービス別感染対策 > 保育園

サラヤ 福祉ナビ

福祉サービス別感染対策

保育園

感染対策のポイント

保育所は、子どもたちが長時間にわたり集団で生活する場です。子どもの健康増進と感染症等への対策は、乳幼児の発達やその特性に応じた適切な対応が求められます。
乳幼児は、学童・生徒に比較して感染症に対する免疫を獲得しておらず、体力も微弱です。
また、一緒に遊んだり、隣り合って昼寝をしたりするなど、長時間にわたり、互いに接触する機会が多くなり、適切な感染症対策を行なうことが重要です。

〜 学校保健安全法における出席停止期間の基準 〜

種別 感染症の種類 出席停止期間
第一種 エボラ出血熱 治癒するまで
クリミヤ・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎(ポリオ)
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る)
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで。(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く)
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹(三日はしか) 発しんが消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発しんが痂皮化するまで
主要症状が消退した後2日を経過するまで
症状により学校医、その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで
第三種 コレラ 病状により学校医、その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症

平成24年4月1日施行

気をつけたい感染症