業務用公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

会員登録・変更・退会はこちら

サポートサービス

Loading

Home > 福祉ナビ > 栄養と食事 > 病態別食事のポイント

サラヤ 福祉ナビ

福祉介護現場で知りたい!
感染対策・栄養改善・口腔ケアのサポート情報

栄養と食事

病態別食事のポイント

咀嚼困難・嚥下困難

咀嚼(そしゃく)困難・咀嚼(そしゃく)不良

加齢とともに口の周りの筋肉退化や歯の欠損が起こります。口の周りの筋肉が衰えると噛む動作が困難になり、歯が抜けてくると食べ物を噛み砕く事ができなくなります。
このように噛む事がうまくできない状態を咀嚼困難、または咀嚼不良といいます。入れ歯を使用している場合でも咀嚼困難は生じてきます。

嚥下(えんげ)困難・嚥下(えんげ)不良

嚥下とは口から食べ物が入って消化していく一連の動作をいいます。通常、私達は何気なく食べ物を口から摂り入れ、噛んで飲み込んでいますが、高齢者は食べ物を飲み込みにくかったり、水分が喉をすっきり通らず肺に入ってしまい、むせたりするのです。これを嚥下困難、または嚥下障害といいます。

見逃していませんか? 噛む、飲み込む力の低下を示すサイン

「どれだけ噛む力があるか、飲み込む力があるか」を評価するためには、食事中の高齢者をしっかり観察することが大切です。以下のような状態があったら、噛む、飲み込むなど食べる機能の低下が考えられます。食べ物、食べ方、姿勢など、さまざまな点を配慮してください。

食事中にむせる
水やお茶などの流動物は、最もむせやすい食品です。
また、むせる時期(食事のはじめ、食事中、食事の後半)にも注意し、飲みこみやすい食品や調理法で対処しましょう。
食べ物が噛みにくい
義歯の不具合や口腔内の痛みや腫れも考えられます。
痰が出やすい
誤嚥をしていると痰が出やすく、口の中に食べ物が残りやすくなり、細菌感染につながります。
食事中や食後に咳が出る
夜間の咳は、一度胃に入った食べ物が食道を逆流して、これを誤嚥している可能性もあります。
口の中やのどに食べ物や飲み物が残りやすい
うまく噛めず、飲み込みやすい食塊にまとめられないと、口の中やのどに残ります。
食べ物の嗜好が変わった
どんな食べ物が、どういう時に食べにくいかの確認だけでなく、噛む・飲み込む機能の変化にも注意しましょう。
食事の時間が長くなった
食事中を観察し、噛むこと、食べ物を送り込む動作など、何が原因かを尋ねましょう。
痩せてきた、体重が滅ってきた
栄養や水分不足は、体力や免疫力が低下してしまいます。
食事をすると疲れやすい
疲れが見え始めたら、食べやすく飲み込みやすいものを出しましょう。
微熱が出やすい、肺炎になったことがある
微熱でも高齢者は要注意。誤嚥が原因の発熱・肺炎もあります。

(社)日本栄養士会 健康増進のしおり 2010-1より

食事介助のポイント

1.安全な姿勢

座って食べることができず、寝たままで食べる必要がある場合には、ベッドを30°にリクライニングし、あごを軽く引くことで飲み込みやすくなります。
また、片麻痺がある場合には、30°にリクライニングし、麻痺のある側を上にして体を横向きにすると、飲み込みやすくなります。

2.口の中をうるおす

食べ物を口に入れる前にお茶や水などで口の中をうるおし、また、スプーンも湿らせておきます。

3.1口分の量

口の中に入れる量は、食べやすい大きさにして少し少なめにします。

4.高齢者のペースに合わせる

高齢者は噛む力が弱く、唾液の分泌が少ないので食べるペースが遅くなります。
急がせず高齢者のペースに合わせましょう。

5.食べ物の温度

噛むことによって食べ物の温度が下がりますが、咀嚼・嚥下困難な場合、温度が高すぎるとやけどをしてしまいます。特におかゆや汁物には気をつけて口の中へ運びましょう。

喉に詰まらせたときの応急処置

食べ物が喉に詰まったときの救命のカギは、早期発見とどれだけ速やかに取り除けるかにかかっています。
以下はその応急処置法です。

喉に詰まらせたときの応急処置

  1. 指で異物を除去する

    左手の親指と人さし指を交差させて、親指を上の歯に、人差し指を下の歯に当てます。親指と人差し指をひねるようにして口をこじ開け、右手の人さし指を頬の内側から喉の奥深くを探って行き、詰まったものを指に引っかけるようにして引っ張り出します。詰まったものを奥へ押しやらないように注意します。

  2. 背部叩打法

    後方から左手で前胸部を支えてうつむかせ、右手の手のひらで、背中(肩甲骨の間)を力強く迅速に4〜5回叩きます。意識のない場合は自分の方に向け横向きに寝かせ、同じように背中をたたきます。

  3. 用手圧迫法

    後ろに回りわきの下から、抱き締めるように腕をまわします。片方の手の握りこぶしを、みぞおちの当たりに置き、その手の手首をもう一方の手で握って、両腕で下部の胸郭をすばやく引き締めます。

  4. 緊急処置として

    どうしても取れない緊急の場合は、掃除機で吸引します。

※誤嚥してしまった時にすぐ連絡(対処)できるように、かかり付けの病院や最寄りの耳鼻科をあらかじめ把握しておきましょう